『ディズニー キセキの神様が教えてくれたこと』の刊行と、シリーズ累計90万部突破を記念し、日頃の感謝の気持ちをこめて、オリジナル壁紙をプレゼントいたします! 下記のボタンを押すと画像が表示されるので、お使いのPCやスマートフォン、タブレットなどに保存して、壁紙に設定してご利用ください。
ディズニー
キセキの神様が教えてくれたこと

シリーズ累計90万部!「ディズニーの神様シリーズ」最新刊。第6弾のテーマは「出会いと奇跡」。ディズニーランドは、ゲストとキャストだけでなく、ゲストとゲスト、あるいはキャストとキャストなど、多くの「出会い」が生まれる場所でもある。ディズニーランドという聖地に引き寄せられる多くの人々の「出会い」、夢と魔法の王国で育まれる「絆」、その絆が生み出す「奇跡」を描いた3篇の感動物語。

好評発売中!「ディズニーの神様」シリーズ
著者:鎌田 洋  本体価格 各1,100円+税

『ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと』
 第一話 オレンジ色のラブレター

『ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと』
 第一話 夢の途中

ただいま、各電子書店にて「【限定版】『ディズニーの神様』シリーズ第1話集(全5作品)」をKindle版にて無料配信中!
シリーズ第一弾『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』から第5弾『ディズニー ハピネスの神様が教えてくれたこと』までの第一話すべてを収録しました。

■収録内容:
夢の国の落とし物(『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』第一話)
オレンジ色のラブレター(『ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと』第一話)
虹色のミッキー(『ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと』第一話)
夢の途中(『ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと』第一話)
黄金色の約束(『ディズニー ハピネスの神様が教えてくれたこと』第一話)

 私がこれまでのシリーズでも伝え続けてきたのは、ディズニーを触媒として、よりクリアになった「人間本来のあるべき姿」「温かみにあふれた人間同士の絆」です。
 世間ではディズニーというブランドがあまりにも特別なものとして見られます。
 たしかに、リピート率9割以上といわれるディズニーリゾートは数あるテーマパークの中でも“殿堂入り”のような存在かもしれません。
 ですが、私はそんなふうに神格化された見方をするのは、少し違うのではないかと思うのです。
 誤解を恐れずに言えば、ゲストもキャストも含めて「人間としてすばらしい人たち」が集ってきたからこそディズニーという特別な存在が生まれたのではないか、と。

「人は誰でも世界中で最もすばらしい場所を夢に見、創造し、デザインし、建設することはできる。しかし、その夢を現実のものにするのは、人である」

――ウォルト・ディズニー

 ウォルトがかつてこう語ったように、ディズニーという夢の場所で本書で著したような“キセキ”を起こしているのは、まぎれもない「人」なのです。
 パークにやってくるゲストも、パークで働くキャストも、意識するにせよしないにせよ、心の奥底で求めているのは「ハピネス(幸福感)」です。
 そのハピネスをゲストやキャストが感じたとき、そこにキセキの縦糸と横糸が織り成すふしぎな物語の幕があらわれるのです。
 ハピネスをつくり出しているのは「ディズニーが大好き」というゲストやキャストの純粋な心。
 誰に遠慮することもなく、楽しいことを楽しいと感じ、つらいことをつらいと言える。ここにやってきたら、ありのままの自分でいられる。
 そんな“見えない約束”があるからこそ、多くのゲストがランドやシーにリピートし、迎えるキャストやエンターテイナーも、その約束を守れることを誇りと喜びに感じている。ディズニーは、そんな世界にまたとない場所なのです。

 とはいえ、今の世の中でありのままの自分で生きること、どんなときも人間らしさを失わずにいることは難しい。本当にこれでいいのだろうか。自分は間違っているのではないだろうかと悩んだり落ち込んだりもします。
 本書の三つの物語でも描かれていますが、ディズニーのゲストやキャスト、エンターテイナーたちだって同じです。だからこそ、その中から生まれる出会いや人間と人間の絆は「ほんもの」なのだと思うのです。

 自分を偽って生きることを強いられがちな世の中で、自分にも他の誰にも真っすぐにありのままの自分で生きる。そんなゲストやキャスト、エンターテイナーたちがいるからこそ、ディズニーリゾートは日本でいちばんキセキが生まれる場所なのではないでしょうか。


(「おわりに─いつも人間らしくいられる場所」より)

1950年、宮城県生まれ。商社、ハウスメーカー勤務を経て、1982年、(株)オリエンタルランド入社。東京ディズニーランドオープンに伴い、初代ナイトカストーディアル(夜間の清掃部門)・トレーナー兼エリアスーパーバイザーとして、ナイトカストーディアル・キャストを育成する。その間、ウォルト・ディズニーがこよなく信頼を寄せていた、アメリカのディズニーランドの初代カストーディアル・マネージャー、チャック・ボヤージン氏から2年間にわたり直接指導を受ける。その後、デイカストーディアルとしてディズニーのクオリティ・サービスを実践した後、 1990年、ディズニー・ユニバーシティ(教育部門)にて、教育部長代理としてオリエンタルランド全スタッフを指導、育成する。1997年、(株)フランクリン・コヴィー・ジャパン代表取締役副社長を経て、1999年、(株)ヴィジョナリー・ジャパンを設立、代表取締役に就任。