webデザイン/グラフィック/HTML
ペルソナ作って、それからどうするの?
ペルソナ作って、それからどうするの?
ユーザー中心デザインで作るWebサイト

棚橋 弘季 著
ISBN
978-4-7973-4710-4
サイズ
A5/1色
ページ数
384
価格
2800円+税
出版日
2008/05/30
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


『日本型』ユーザー中心Webデザインの技法


アメリカで注目を浴びるペルソナ手法を“日本向け”に変換+Webサイト構築に応用したテクニックを解説。ペルソナの価値だけでなく、ペルソナ作成後の具体的なデザイン方法についてケーススタディを通じて紹介します。
ペルソナとは、「誰のためのデザインなのか?」を明確化するためのアプローチです。デザインプロセスの上流工程でユーザーの要求を明示するために用いられ、その後の設計案、評価などの工程においてもターゲットユーザーのイメージをデザインチーム全員が共有しやすくするために使われます。ペルソナとは実在する人々の生活や仕事に関する調査データをもとに作った架空のユーザー像であり、ペルソナを用いることで、デザインチームは何が必要で、どうあるべきかをユーザーの視点から考えることが可能になるのです。

【概要編】なぜユーザー中心のデザインなのか?
第1章 デザインの問題を特定する
第2章 ペルソナ/シナリオ法とウェブデザイン
第3章 ユーザー中心デザインの方法

【実践編】ユーザー中心のデザイン
第4章 体制作りと基礎体力作り
第5章 デザイン問題を定義する
第6章 ユーザー行動の観察と問題理解のためのデータ収集
第7章 ユーザー行動の分析と統合
第8章 ペルソナ/シナリオ法を使ったユーザー行動のリデザイン
第9章 プロトタイピング
第10章 ユーザーテスト法によるデザイン評価
第11章 オペレーションをデザインする



















企業情報 個人情報について