サイエンス・アイ新書
[Si新書]エコカー技術の最前線
[Si新書]エコカー技術の最前線
どこまでも進化する燃費改善と排出ガスのクリーン化に迫る

髙根 英幸 著
ISBN
978-4-7973-5468-3
サイズ
新書/フルカラー
ページ数
192
価格
1000円+税
出版日
2017/01/17
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


エコカーの進化は止まらない。


化石燃料の枯渇を見据え、CO2排出量の低減を狙い、トヨタ自動車がプリウスの販売を始めたのが1997年。2017年はプリウス登場からちょうど20年です。エコカーの割合は年々増えており、2015年の次世代自動車販売実績は26.5%と、いまや4台に1台はエコカーです。経済産業省は2030年までにこの割合を50~70%にまで伸ばすことを目標としているので、原油安などの影響はあるものの、従来車からエコカーへのシフトは大きな流れといえます。本書ではエコカーの最新知識をわかりやすく解説していきます。

■目次:
第1章 エコカーとは何か?
第2章 ハイブリッド車(HV、PHV)の最前線
第3章 電気自動車(EV)の最前線
第4章 燃料電池車(FCV)の最前線
第5章 低燃費ガソリン車の最前線
第6章 クリーン・ディーゼルの最前線


髙根英幸(たかね ひでゆき)
1965年、千葉県生まれ。芝浦工業大学工学部機械工学科卒。輸入車専門誌の編集部を経て、理論だけでなく実際のメカいじりによる経験から、クルマや運転テクニックを語れるフリーランスの理系自動車ライター。『日経テクノロジーonline』で「クルマが開く未来」を連載中。『afimp』(交通タイムス社)、『ジャーマンカーズ』(ぶんか社)、リクルートの『インポートカーセンサー』、総合自動車ニュースサイト『Response』などでも執筆している。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。



サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について