ノベルス(NV)
巨人たちの落日(下)
巨人たちの落日(下)

ケン・フォレット 著
戸田裕之 訳
ISBN
978-4-7973-6275-6
サイズ
文庫
ページ数
528
価格
860円+税
出版日
2011/03/18
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


『大聖堂』の感動がよみがえる人間ドラマ!


運命の糸にたぐりよせられるように出会い、別れ、そしてまた巡り会う主人公たち。大きなものが崩れゆく時代、小さな人間たちは歴史を変えることができるのか。〈20世紀三部作〉、第一部のクライマックス!
終わりの見えない戦いのさなか、ヨーロッパでは外交官とスパイが暗躍し、皇帝が倒され、労働者たちの運動が熱を帯びていく。かつてメイドとして仕えたエセルと負傷して戦地から戻ってきた伯爵フィッツにも、皮肉な運命の再会が待っていた──。生死すら分からぬまま引き裂かれたワルターとモードは、愛を貫くことができるのか。そしてロシアで革命の波にもまれる兄とアメリカでしたたかに生きる弟レフの運命は? 物語は深い感動と余韻を残すラストを迎える!


ケン・フォレット Ken Follet

1949年、ウェールズ生まれ。新聞記者、出版社勤務などを経て1978年にスパイ小説『針の眼』を発表。同書は、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞を受賞し、ベストセラー作家としての地歩を築いた。1989年に発表された『大聖堂』は世界的ベストセラーとなり、18年の時をおいて発表された続編『大聖堂-果てしなき世界』も大きな話題を呼んだ。



ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について