経済/投資
今どき株で儲けるサラリーマンの週30分ルーティン投資術
今どき株で儲けるサラリーマンの週30分ルーティン投資術

柿田文和 著
ISBN
978-4-7973-6431-6
サイズ
四六/1色
ページ数
176
価格
1300円+税
出版日
2011/03/23
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


将来不安なサラリーマンにこそ試してほしい


「日中の株価は見ない」「銘柄選びに時間をかけない」「売買は、帰宅したのち週1回」......現役サラリーマンの著者は、そんなゆるい投資姿勢ながら、2008~2010年の平均利回りは約50%をゲット。今どき株で儲けている人の投資の極意を教えます。
株式は、やり方によってはサラリーマンにとって
一番有利な条件が整っている投資法です。

しかも、このルーティン投資ならば、
景気のいい、悪いも関係なく、
金融危機、突然の株価暴落時でも通用します。

本書では、どんな銘柄を選び、それをいつ売買し、
いつ手放したらいいのか、一連の流れを
初心者にもわかりやすくレクチャーします。

【目次】
Level1 今どき株式投資で本当に儲かるの? 初歩編
Level2 テクニックよりも大事な投資の基本 基礎編
Level3 ルーティンな投資でも結果は出す! 戦法編
Level4 いざ始めよう! ルーティン投資 実践編



【目次案】
・株式投資の実績は、2008年が年利42.1%、2009年が105.21%
・100万円を元手に、5年で株式収入が年1000万円
・昼間の株式市場は気にしない
・銘柄を買うのに、フィーリングはいらない
・「勝ちたい、儲けたい」本能は捨てなさい
・競争に勝つには「微差」が大事
・投資をするために守らなければならない3つの原則
・利益を出すために必要な2つのルール
・株式市場から退場させられない資金の使い方
・値動きが同じ組み合わせを見つける重要な指標
・発注時に気をつけなければならない3つのルール
・決済する時に気をつけなければならない2つのルール
・発注・決済の時間を劇的に短縮する方法
・自分のポートフォリオの損益を簡単にチェックする方法
・株価のデータを取得するのに適したサイト・おすすめフリーソフト


柿田文和(かきた ふみかず)
【著者略歴】
1974年生まれ。外資系コンピューター会社勤務。トライアングルズ 代表 (個人事業主)。現在も、現役サラリーマンを務めるかたわら、株式投資コンサルタント・ネットマーケティングコンサルタントとして、個人事業主としての活動を行う。独自に開発した投資教材「ローリスク サヤ取り株式投資法」の売り上げが発売から2年で700本・3000万円を超える。そのほか、ブログや投資セミナーなどで幅広く投資知識を広め、サヤ取り株式投資法に関するサービスを展開中。

・株式投資の利回りは、2008年約40%、2009年約60%、2010年約50%
・千葉市と仙台市にアパート2棟18室を所有
・給与やビジネス、投資など複数の収入源を持つ















企業情報 個人情報について