文芸/小説/エッセイ
数学は無限を創る
数学は無限を創る

リリアン・R・リーバー 著
水谷淳 訳
ISBN
978-4-7973-6709-6
サイズ
四六/1色
ページ数
384
価格
1900円+税
出版日
2013/01/23
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


無限をめぐる壮大な数学ドラマ


数学が切り開いた無限の世界とは? 詩的な文章とユーモラスなイラストで、無限の意味を説き明かす。『数学は世界を変える』『数学は相対論を語る』に続く、リリアン・リーバーの数学書シリーズ第三弾。
『数学は世界を変える』、『数学は相対論を語る』の著者リリアン・R・リーバーが1953年に刊行した数学書の古典。無限という概念が、どのように編み出され、発展してきたかを解き明かし、現代数学において果たしている役割を示します。
著者特有の詩のような文章とヒュー・グレイ・リーバーのイメージあふれるイラストが、ミステリアスな無限の世界に読者を誘います。必要最小限の数式しか使っていないので、高校生でも楽しく読み進められます。数学と無限に関心を持つすべての読者に最良の一冊です。

■目次:
1 物理の世界での無限
2 数学での無限
3 "潜在的な"無限
4 非ユークリッド幾何学
5 現実の無限
6 現実の無限(つづき)
7 現実の無限よりも大きなもの!
8 実数の連続対
9 アレフ・ヌルからcへの道
10 超限数の操作
11 より高い次元
12 超限数の階層
13 簡単な要約
14 それは論理的なのか?
15 ある非常に興味深い無限集合
16 応用:ゼロ
17 パラドックス
18 超限数の理論のパラドックス、それはいかに克服されたか?
教訓















企業情報 個人情報について