ノンフィクション(NF)
算数ができる子になる魔法のことば
算数ができる子になる魔法のことば
SB文庫シリーズ

親野智可等 著
ISBN
978-4-7973-7594-7
サイズ
文庫
ページ数
248
価格
670円+税
出版日
2014/04/18
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


「算数ぎらい」が治りみるみる得意になる


◎「算数ぎらい」に悩む親は多い!
「うちの子は算数ができない」「いくら教えても算数ができるようにならない」「算数の宿題をやりたがらない」「どうして算数を勉強しなきゃいけないのと聞かれ困ってます」…。このような悩みを抱く親御さんは多いことでしょう。算数は「できる・できない」「分かる・分からない」がはっきりする教科なので、親も子どももできないことへの焦りは大きくなる一方です。
宿題を見ているときに「どうしてこんな問題がわからないの!」と焦った親御さんはつい強い言葉で子どもに迫りがちです。でも、これがかえって子どもを委縮させ、ますます算数ぎらいを助長させてしまうのです。各学年に「小●の壁」は存在するのですが、共通しているのが「算数ぎらい」なのです。

◎いま求められる算数が大好きになる親の工夫――褒め方・声掛け・口ぐせ・動機づけ
まずは算数を問題を解くことだけに特化しないで、ふだんの生活や遊びの中で楽しみながら鍛えていき、だんだんと算数の能力をつけていくことを目指しましょう。そのためには親御さんの日ごろの話し方、説明の仕方、褒め方などがとても大切です。
子どもは算数の楽しさがわかると、自分で勉強しようという気持ちも自然に芽生え、つまづくことはなくなります。
いま新指導要領で「脱ゆとり」になり、学習範囲が増え、学校の授業だけでは算数は理解しきれなくなっているのが現状です。ますます家庭における、親御さんの話し方、伝え方、聞き方、説明の仕方、褒め方などの言葉による「親の力」が求められています。

◎教育評論家・親野流、わが子の算数ぎらいを解決する本
教育評論家として講演等で人気があり、23年の教師生活で子どもがつまづくポイントを考え続け、「親力」を提唱している著者が教えてくれる、算数の苦手な子どもに「数字」に慣れさせ、「算数」を好きにさせ、みるみるやる気を生まれさせる本!

■目次:
はじめに
第1章 算数好きな子にすることば、きらいにすることば
第2章 算数へのモチベーションはこうしてアップ!
第3章 「楽勉」でもっともっと算数が好きになる!
第4章 算数のテストに強くなる家庭での教え方
第5章 「ことばがけ」ひとつで子どもは大きく伸びていく!



親野智可等(おやの・ちから)
1958年生まれ。23年間の教師経験をもとに教育評論家としてテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等で活躍。マンガ『ドラゴン桜』の指南役としても知られる。メルマガ「親力で決まる子供の将来」は、具体的なアイデアが多いとたちまち評判を呼び、親や教師の圧倒的支持をえて約5万人の読者を獲得(メルマガ大賞教育部門5年連続1位)。全国各地の小・中学校、幼稚園、保育園のPTA、市町村の教育講演でも大人気。
著書に『親力で決まる!』(宝島社)、『小学生の学力は「ノート」で伸びる!』(すばる舎)、『ドラゴン桜わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力』(講談社)、『親野智可等の頭がよくなる「算数力」教室』(宝島社)、『親野智可等の7日でスイスイ書ける!「作文力」教室』(宝島社)など多数。



ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について