SB新書
「その後」が凄かった!関ヶ原敗将復活への道
「その後」が凄かった!関ヶ原敗将復活への道
SB新書シリーズ

二木 謙一 編著 
ISBN
978-4-7973-8337-9
サイズ
新書/1色
ページ数
240
価格
820円+税
出版日
2016/05/07
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


「敗者復活型」人間に学ぶ逆境下の処世術!


NHK大河ドラマ時代考証でおなじみの著者・最新刊!
関ヶ原合戦に敗れ、所領などをすべて失ったのち、やがて再び大名として見事に返り咲いた稀有な武将に学ぶ、敗者から復活する生き様、矜持、処世術!

★智将・真田昌幸役で大好評、俳優・草刈正雄さん推薦!
2016年NHK大河ドラマ「真田丸」がもっと面白くなる!
関ヶ原で敗れた後、大名に返り咲いた武将らに学ぶ
現代人にも通じる「敗者復活型」人間の矜持と智慧。

日本の勢力地図を大きく変えた西暦1600年の「関ヶ原の戦い」。
徳川家に敵対した大名は100家近くに及ぶ。
敗者へは主に「改易」という厳しい処分が待っていた。

だが、己の才覚と努力、そして運でもって、
再び大名の座に返り咲いた者がいた!

豊臣秀吉から疑いをかけられ所領を削減され続け、
関ヶ原合戦時、浅井畷で私怨により徳川方の前田家と戦い、改易。
しかしその後、奇跡の10万石に復活した丹羽長重。

豊臣秀吉の特別な計らいで大友家から独立して大名に取り立てられるも、
関ヶ原合戦時、西軍が負けるとわかっていながら味方をし、改易。
しかしその後、旧領である筑後・柳川の大名に復活した立花宗茂。

一部の関ヶ原敗戦大名は、なぜ再び大名に復活できたのか?
そこには敗者ならではの矜持、そして生き残るための器量と処世、
そして運をつかむ能力があったのである!

現代人も時代が違うとはいえ、挫折や左遷など憂き目にあうことも多い。
また昨日の勝者も、明日には敗者になる可能性すらありうる。
逆境にあっても、なお信を貫き、強く生き抜く術は、
戦国時代の「敗者」から学べることが多いであろう。

本書は大河ドラマ時代考証で有名な著書による、
現代人にも通じる異色の歴史教養本。

◎豊臣家への恩から敵対し改易となるも旧領の柳川の大名に復活した「立花宗茂」
◎前田家との確執で失領するも秀忠との縁で返り咲いた「丹羽長重」
◎復活への執念が強く十数年間の運動が奏功した「岩城貞隆」
◎福島正則との「コネ力」を活かして復活した「来島康親」
etc,

■目次:
序 章 敗戦体験を活かした武将が生き残る
第一章 一日で決した「関ヶ原合戦」敗者の運命
第二章 見事に敗者復活した者たちの処世術
第三章 敗者体験をバネにできた者、できなかった者
第四章 勝者になっても安泰ではない者たち
第五章 「敗者復活」を賭ける最後の舞台になった大坂の陣


二木謙一(ふたき・けんいち)
1940年東京都生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。國學院大學名誉教授。豊島岡女子学園中学高等学校理事長。『中世武家儀礼の研究』(吉川弘文館)でサントリー学芸賞を受賞。NHK大河ドラマ「平清盛」「江.姫たちの戦国.」「軍師 官兵衛」ほか多数の風俗・時代考証を手がけたことで知られる。主な著書に『関ヶ原合戦─戦国のいちばん長い日』(中公新書)、『徳川家康』(ちくま新書)、『中世武家の作法』『武家儀礼格式の研究』『時代劇と風俗考証』(以上、吉川弘文館)、監修に『本当は全然偉くない征夷大将軍の真実』(小社刊)など多数。



SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について