サイエンス・アイ新書
[Si新書]毒の科学
[Si新書]毒の科学
身近にある毒から人間がつくりだした化学物質まで
サイエンス・アイ新書シリーズ

齋藤勝裕 著
ISBN
978-4-7973-8634-9
サイズ
新書/フルカラー
ページ数
192
価格
1000円+税
出版日
2016/02/16
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


本当に恐るべきは、これを使う人間自体だ!!


私たちの身の周りには、命を奪う毒のもとになる植物や動物が数多く存在する。しかし彼らは必死で身を守ろうとしているだけであり、本当に恐るべきは人間自身が明確な目的をもって生みだした化学物質という毒なのだ。本書は自然の毒から、人間がつくりだした毒まで、その全容を実際の事件や事故も絡めながら紹介していく。

■目次:
序章 人間にとって毒とはなにか
第1章 植物・キノコ由来の毒
第2章 魚・貝がつくりだす毒
第3章 動物がつくりだす毒
第4章 人間がつくりだした毒
第5章 毒物の事故と事件


齋藤勝裕(さいとう かつひろ)
1945年5月3日生まれ。1974年東北大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。現在は愛知学院大学客員教授、中京大学非常勤講師、名古屋工業大学名誉教授などを兼務。専門分野は有機化学、物理化学、光化学、超分子化学。『マンガでわかる元素118』『周期表に強くなる!』『マンガでわかる有機化学』『マンガでわかる無機化学』『カラー図解でわかる高校化学超入門』『本当はおもしろい化学反応』(サイエンス・アイ新書)ほか、著書多数。


サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について