サイエンス・アイ新書
[Si新書]誰かに話したくなる大人の鉄道雑学
[Si新書]誰かに話したくなる大人の鉄道雑学
新幹線や通勤電車の「意外に知らない」から最新車両の豆知識、基本のしくみまで
乗物シリーズ

土屋 武之 著
ISBN
978-4-7973-8663-9
サイズ
新書/フルカラー
ページ数
192
価格
1000円+税
出版日
2016/09/16
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


「日本の鉄道は右側通行? 左側通行?」から始まる、奥深い世界へ!


朝夕の通勤電車、出張や旅行で乗る新幹線。特に東京のラッシュ時など、1本の列車で最大で3000もの人を運び、同じように次々と安全に走らせられるのが、日本の鉄道のすごさです。

その基本的なしくみはもちろん、新幹線の「新しい窓はハンマーでも割れない」「北海道にも広がった状態で完成?」といった最新情報からリニアについての話題、身近な通勤電車の「最新型が1日に1両ずつつくられている」「座席は広く『硬く』改良されている」「つり手や荷物棚が前より低くなった」という意外な事実まで網羅。さらに、見たら幸せになるという噂を持つ「ドクターイエロー」、寒さとたたかう北海道の鉄道車両、何を運んでいるか気になる長~い貨物列車、夜行列車や観光列車の現在、開かずの踏切、騒音対策、最新式のトイレ……と、おもしろいトピックを凝縮してお伝えします。

普段なんとなく使っている鉄道を見る目が変わる、列車に乗るのがもっと楽しくなる1冊です。

■目次: 
序章 日本の鉄道は進化した
第1章 知っているようで知らない鉄道の基本
第2章 知ってうれしい新幹線の最先端
第3章 快適な通勤や旅を実現する工夫
第4章 まだある! 誰かに話したくなる鉄道知識


土屋武之(つちや たけゆき)
鉄道ライター。1965年大阪府豊中市生まれ。大阪大学文学部卒業後、出版社勤務を経て、フリーランスのライターとして活動。『週刊鉄道データファイル』(デアゴスティーニ・ジャパン)、『鉄道ジャーナル』(鉄道ジャーナル社、成美堂出版)などでの執筆で知られ、幅広い視点をいかした鉄道記事に定評がある。著書に『鉄道員になるには』(ぺりかん社)、『きっぷのルール ハンドブック』(実業之日本社)、『鉄道のしくみ 基礎篇』(ネコ・パブリッシング)などがある。



サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について