実用
パリジェンヌのように少ないモノでスッキリ暮らす
パリジェンヌのように少ないモノでスッキリ暮らす

米澤 よう子 著
ISBN
978-4-7973-8741-4
サイズ
A5/フルカラー
ページ数
112
価格
1200円+税
出版日
2016/10/29
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


パリシックな部屋をマネたら、自然と片づく


著者累計37万部超! 人気のイラストレーターが初めて描いた「片づけ」本。

みなさん、片づけは得意ですか?
申し遅れました。私はイラストレーターのYOKOです。
これまでおしゃれガールのイラストを得意とし、憧れのパリに4年暮らしてからはパリジェンヌのおしゃれを解説したり、提案したりする本を描き記してきました。
私の描く世界で一貫するのは「おしゃれ感」。そんな私の描く絵のイメージを、私自身に当てはめる方がずいぶんといらして、私は「美しき誤解」としてありがたく享受してきました。
でも、実際の私は、パリに暮らすまでの人生約40年の中で、部屋が片づき、整った試しはゼロというほどの「だらしなさん」でした。

とはいえ、わかってはいるんです。
片づけたほうがいいに決まっている!

アタマでは百も承知! でもできなかった……
「よしっ、片づけるぞ」で部屋をキレイにしても、3日もたてば元の散らかり部屋へと「リバウンド」。
まるでダイエットのように、「片づける→散らかす」の繰り返し。

そんな私が、なぜ今や人から「キレイ好き」と言われるようになったのか?
それはひと言では言い表せません!!

「アタマではわかってる、でもできない!!」

そんな説明のつかないモヤモヤが、パリの暮らしを経験したことで解消されたのです。
もう99%はあきらめていた「パリジェンヌのようなおうちでパリ・シックに暮らす」ができるようになったのです。

おしゃれな部屋は目標だけど、
「あー、でもムリムリ。だってパリジェンヌのお部屋自体がおしゃれじゃないですか?」
ともよく言われます。

それも誤解です!

確かに、高天井、しっくいのカベ、フランス窓、艶のあるフローリング……などは日本ではなかなか難しい。
けれど、これらはなくても大丈夫なんです。なぜなら、
目のつけどころが違うから!

そこらへんをパリから学んできた私デス。

何はともあれ、片づければ「おしゃれなお部屋」があとからついてくる!

「おしゃれ部屋」への意欲はオフにして、とりあえず片づけの第一歩を。

あ、でも「リキみ」は不要です。取り組み方は、脱力系のパリジェンヌのようにネ!

■目次:
●Part1 プチすぎる一歩は、ダイニングの「スッキリ」から
・始めてみたら、テーブルの上の「まっさら」がクセになる

●Part2 リビングにも自然と「まっさら」空間がプラス
・モノを「そろえる」を始めたら、不要品まで処分したくなる

●Part3 雑然としたキッチンが「さっぱりさわやか」に変身
・飾りをなくせばキレイで清潔、モダンに洗練されていく

●Part4 服の「ダイエット」で、手持ちの服がもっと活かされる
・無理なく徐々に減らしてリバウンドナシ、収納までも美しく

●Part5 日本のわが家を広く見せるパリ流「トリック」
・6割をモノのないスペースにして、シンプル・シックを実現

●Part6 暮らしにも自分にも「磨きをかける」クセが身につく
・急がず焦らずプチプチ進めば、その先の進化が見えてくる


米澤 よう子(よねざわ ようこ)
女子美術短期大学卒業。大手企業広告のグラフィックデザイナーとして勤務。その後、イラストレーターとして独立。化粧品パッケージや広告キャンペーン、女性ファッション誌、CMなどで多数の女性イラストレーションを手がけたのち、渡仏。パリの高級百貨店、LE BON MARCHEでの個展を開催するなど、多彩な活躍を経て、帰国。現在はパリ在住4年の経験を生かした著書、商品企画を手がけるなど活動範囲を広げている。著書に『パリ流おしゃれアレンジ!3靴からはじまる着こなしの魔法』(KADOKAWA)、『パリジェンヌ流シンプル食ライフ』(文藝春秋)、『1/3の服で3倍着回すパリのおしゃれ術』(幻冬舎)、『たった1枚のシャツでもパリジェンヌはおしゃれを楽しむ』(KADOKAWA)など多数。

















企業情報 個人情報について