プログラミング
データ分析のための機械学習入門
データ分析のための機械学習入門
Pythonで動かし、理解できる、人工知能技術
Informatics &IDEAシリーズ

LINE株式会社 橋本 泰一 著
あずみ虫 イラスト
ISBN
978-4-7973-8808-4
サイズ
A5/1色
ページ数
288
価格
2580円+税
出版日
2017/01/21
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


人工知能で、データ分析を実装する


ディープラーニング、TensorFlow、scikit-learn、Hadoop、リアルタイム集計……。
いま、エンジニアに欠かせない、最新技術のエッセンス。

いまの人工知能を支えているものは、データ、計算環境、アルゴリズム、プログラムです。膨大なデータが手に入らなければ、人工知能は作り出せません。そして、膨大なデータを処理する計算環境、アルゴリズム、プログラムがなければ、人工知能は作り出せません。
本書では、具体的なデータ分析事例を交えながら、機械学習理論から実行環境の紹介、Pythonプログラミング、ディープラーニングまでを解説します。

■目次:
第1章 人工知能と機械学習
第2章 データ分析処理のための基盤技術
第3章 リアルタイムにデータを分析する ~データから「いま」を知る技術~
第4章 機械学習アルゴリズム ~データから「未来」を知る技術~
第5章 ディープラーニング


橋本泰一(はしもと たいいち)
東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻 博士課程修了。
東京工業大学 助手(助教)、特任准教授。9年間の教員期間では、テキストマイニング関連の研究および学内外の情報システム開発のマネジメントを行う。
その後グリー株式会社に勤務。ユーザーの不正投稿検知や処理、データ分析基盤のソフトウェア開発に携わる。
2014年からLINE株式会社に勤務。専門領域は自然言語処理、情報検索、データマイニング。現在は同社にてデータ分析システムおよび機械学習インフラの開発・運用を担当するチームのマネージャーとして従事。
情報処理学会、人工知能学会、言語処理学会各会員。




















企業情報 個人情報について