実用
「めんどくさい」がなくなる脳
「めんどくさい」がなくなる脳

加藤 俊徳 著
ISBN
978-4-7973-8908-1
サイズ
四六/1色
ページ数
224
価格
1300円+税
出版日
2017/03/08
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


「めんどくさがり」な脳をやる気にさせる


課題の先送り、腰が重い、新しいことが苦手、行動力がない、人づき合いがめんどくさい……、これらは決してあなたの性格のせいではない! ましてややる気のせいでもない!
すべては「脳がめんどくさがり」だから。
脳の特性を理解し、それを逆手に取る脳力開発法!!
そもそも脳は、めんどくさがりで欲張りでご褒美が大好き。自分の脳がめんどくさがる時間帯や状況を把握し、欲張りな脳に大好きなご褒美をたっぷりあげることで、いつしか脳は「させられ脳」から「したい脳」へと変化します。
もう脳にNO!とは言わせない! 脳に振り回される毎日から、脳を上手におだて、幸福脳へと導きましょう。
ベストセラー『脳の強化書』の著者Dr.加藤が、苦手領域の脳番地を鍛えることで、あなたの脳から「めんどくさい」を追い出します!

■目次:
1章 脳はもともとめんどくさがり
―「脳」の性格を知ろう
2章 「させられ脳」から「したい脳」へ
―「めんどくさい」をなくす脳の強化法
3章 欲張りでご褒美好きな脳のあやし方
―その「めんどくさい」を有効利用しよう!
4章 「めんどくさい人」と「めんどくさくない人」の違いとは?
―人間関係の「めんどくさい」解消法
5章 「めんどくさい」は脳の成長スイッチ
―幸福脳は自分で育てられる


加藤 俊徳(かとう・としのり)
新潟県生まれ。医師/医学博士。
株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。
昭和大学客員教授。
発達脳科学・脳機能生理学・MRI脳画像診断・脳機能計測の専門家。
小児科専門医。
14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意する。
1991年、脳活動計測「fNIRS法」を発見。
現在、世界700カ所以上で脳研究に使用され、新東名高速道路走行中の脳活動計測にも成功。
1995年から2001年まで米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターで
アルツハイマー病や脳画像の研究に従事。
帰国後、慶應義塾大学、東京大学などで、脳の研究に従事。胎児から超高齢者まで
1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析。
2006年、株式会社「脳の学校」を創業。2013年、加藤プラチナクリニックを開設。
ビジネス脳力診断、発達障害や認知症などの予防脳医療を実践。
著書に35万部を越えるベストセラー『脳の強化書』シリーズ(あさ出版)、『脳が知っている怒らないコツ』(かんき出版)、『人生が劇的に変わる脳の使い方』(PHP研究所)などがある。

















企業情報 個人情報について