SB新書
実はおもしろい経営戦略の話
実はおもしろい経営戦略の話
SB新書シリーズ

野田 稔 著
ISBN
978-4-7973-8960-9
サイズ
新書/1色
ページ数
208
価格
800円+税
出版日
2017/06/06
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


出世したけりゃ経営戦略を学べ!


「経営戦略」なんて経営者だけに必要な話、自分には関係のない小難しい理屈ばかり。
そういうイメージが強いかもしれません。

もちろん、そういう側面はあるものの、どんなビジネスパーソンであれ、経営戦略の理論を知っていると便利(有利)。
そもそも誰だって最初から経営者じゃないし、組織のリーダーでもない。
それに経営者が経営理論を細かく理解しているのか、といえば、そんな人は一握りもいない。

ある程度経験を積んだビジネスパーソンだって、課長や部長、社長を務めている人だって、きちんと経営戦略の理論に触れたことがない人が多い。
そんな組織のリーダー、それにこれから組織のリーダーになるビジネスパーソンに向けて、「経営戦略」のプロフェッショナルが、競合を圧倒する経営戦略の本質をざっくり教えてくれる。

まずは経営戦略の意味をトコトン理解してもらい、さらに経営戦略の活用法まで各企業の実例を用いてやさしく解説。
小難しい話は極力わかりやすく、わかりやすい話を深掘りして、深掘りした話を面白く勉強できる一冊。

■目次:
序 章 経営戦略とは何か
第1章 ざっくり分かる経営戦略
第2章 歴史に学ぶ経営戦略
第3章 勝ちパターンの作り方
第4章 ビジネスを制するポジショニング戦略
第5章 成長戦略の考え方
第6章 実際にビジネスモデルを考えてみよう
第7章 経営戦略はどう立てるのか
第8章 人口減少時代の経営戦略
終 章 AIが経営戦略を立てる時代がやってくる?


野田 稔(のだ みのる)
明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授。一般社団法人社会人材学舎塾長。
リクルートワークス研究所特任研究顧問。1957年東京都生まれ。
一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所入社、92年経営戦略コンサルティング室長、2000年同経営コンサルティング部長、01年退社。
多摩大学経営情報学部教授、リクルート新規事業担当フェローを経て、08年から現職。
13年9月一般社団法人人材学舎を設立、ビジネスパーソンの能力発揮支援に取り組む。TOKYO MX『モーニングCROSS』に出演するほか、『ダイヤモンド・オンライン』にて「40代からの人生の折り返し方」を連載中。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について