SB新書
人生は70歳からが一番面白い
人生は70歳からが一番面白い

弘兼 憲史 著
ISBN
978-4-7973-9274-6
サイズ
新書/1色
ページ数
232
価格
800円+税
出版日
2018/01/06
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


人生楽しんだもん勝ち


故・赤瀬川原平さんは、60歳当時の著作で「老人力」という概念を世に放った。
老人力とは、もの忘れのような老化減少を、むしろ「老人力がついてきた」とプラス思考へ変えた発想だった。

『ふつうは歳をとったとか、モーロクしたとか、あいつもだいぶボケたとかいうんだけど、
そういう言葉の代りに、「あいつもかなり老人力がついてきたな」というふうにいうのである。
そうすると何だか、歳をとることに積極性が出てきてなかなかいい』、と。

2017年9月で70歳になった著者。
いまは人生80年時代といわれるが、これからは人生100年時代に突入。
人間は医学的に120歳まで生きられるともいわれている。

これまでは65歳以上を高齢者としてきたが、先ごろ日本老年学会などが65~74歳は、
高齢者への準備段階という意味で「准高齢者」と呼ぶように提言した。

そこで、70歳を迎えたものの、
いつまでも現役バリバリで、ハツラツとして若々しい著者が、
弘兼流・上機嫌の作法を説く。

■目次:
序 章 上機嫌の作法
第一章 上機嫌なジジイになる
第二章 妻と子どもから自立して上機嫌
第三章 上機嫌な「死に方」
第四章 上機嫌に健康長寿
第五章 最後まで上機嫌で楽しむ
終 章 自分たちの世代の責任を果たそう


弘兼憲史(ひろかね・けんし)
1947 年山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、74 年に『風薫る』で漫画家デビュー。『人間交差点』で小学館漫画賞、『課長島耕作』で講談社漫画賞、『黄昏流星群』で文化庁メディア芸術祭優秀賞と日本漫画家協会賞大賞を受賞。2007 年には紫綬褒章を受章。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について