サイエンス・アイ新書
[Si新書]外国語を話せるようになるしくみ
[Si新書]外国語を話せるようになるしくみ
シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム

門田 修平 著
ISBN
978-4-7973-9532-7
サイズ
新書/フルカラー
ページ数
192
価格
1000円+税
出版日
2018/05/16
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


読めるのに、話せないのはナゼ?


外国語を効率よく習得するには、習得のしくみを理解することが肝要である。習得のしくみを理解した上で、習得を促進する方策を実施するのが王道といえよう。

外国語スピーキングのキーポイントとして、Input Processing、Practice、Output Production、Monitoringがある。そして、これら習得のキーポイントと関連して習得を促進するアクティビティがシャドーイングである。本書では、これら習得のキーポイントとシャドーイングとの関連、そして習得の実践方法を実証データをまじえて解説する。「外国語を話せるようになる」ことに焦点を当てた画期的な一冊!

■目次:
序章 はじめに:外国語習得の4本の柱
第1章 話すのに必要なプロセス
第2章 インプット処理の学習
第3章 プラクティス
第4章 アウトプットの学習
第5章 メタ認知的モニタリング
第6章 シャドーイングの適切な学習法


門田修平(かどた しゅうへい)
関西学院大学法学部教授、関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科教授。博士(応用言語学)。専門分野は心理言語学、応用言語学、第二言語習得など。特に第二言語としての英語の知覚・処理そして記憶・学習の心的メカニズムについて研究しており、英語教育や言語学・英語学などの分野への応用を試みている。


サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 













企業情報 個人情報について