アップルvs.グーグル

価格:600円


 

蜜月から戦争へ。スマートフォン、電子書籍、OSなど、さまざまな局面で対立の様相を見せるITの両巨頭。いかなる思惑ゆえに両社は戦うに至ったのか。世紀の戦いを通じてウェブとテクノロジーの未来を読み解く!!

常に革新的な製品・サービスを提供する現代の寵児、それがグーグルとアップル。異なるビジネスモデルの下にそれぞれ目覚しい成長を遂げてきた両者は、これまで蜜月の間柄に合った。しかし、ここに来て、さまざまな局面で対立の様相を深めている。前著『アップルとグーグル』(インプレスR&D)において、日本企業にない両社の先進性を浮き彫りにした著者が、スマートフォン、電子書籍、OS、etc.の事業で競合するに至った背景を読み解く。似ているようで違う両社はそれぞれにどのような未来を見据えているのか。クラウド時代を行きえるビジネスマンの指針となる一冊。


■著者
小川 浩(おがわ・ひろし)
モディファイ代表取締役。1996年から起業家としてのキャリアをスタートし、数々の革新的なWebアプリケーションの開発に携わる、ソーシャルメディアとモバイルを中心としたマーケティング&プランニングを行うクリエイティブユニット「オガワカズヒロ」でも活躍中。著書に『Web2.0BOOK』(インプレス)、『仕事に使える!超Twitter入門』(青春新書インテリジェンス)、『ソーシャルメディアマーケティング』(オガワカズヒロ名義での共著・ソフトバンク クリエイティブ)など。

林 信行(はやし・のぶゆき)
ITジャーナリスト&コンサルタント。1980年頃からアップルの動向に関心を抱き、1990年から本格的な取材活動を始め、その技術的な取り組みやものづくりの姿勢、経営、コミュニティづくりなど、多方面にわたって取材を続けてきた。グーグルやブログ、SNSなどの動向についても記事を執筆。著書に『iPhoneショック』『iPadショック』(ともに日経BP社)、『iPhoneとツイッターは、なぜ成功したのか?』(アスペクト)など。








ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について