発売日 2003年12月22日(月)

ダンジョンズ&ドリーマーズ
~ネットゲームコミュニティの誕生~

著者名:Brad King John Borland(著者) 平松 徹(訳)

¥1,800(税別)

ISBN:
4-7973-2488-0
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
400
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・Brad King John Borland

訳・平松 徹

「ウルティマ」シリーズで、過去20年間にわたりゲーム業界に影響を与え続けるリチャード・ギャリオット。「DOOM」「QUAKE」でオンラインゲームを社会現象までにしたイド・ソフトウェアの開発者たち。彼らはどのような人間で、いかにして社会に多大な影響を与えたゲームを作り上げたのか。その背景には常に「コミュニティ」の存在があった。
そして、かつてはテーブルトークゲームを中心として地域的に形成されていたゲームコミュニティも、それ自体が生み出したコンピュータゲームとネットワークの発展によって性格を変えてゆく。

Twitter

Load More...
  • Reading House

    副題「ネットゲームコミュニティの誕生」。テーブルトークRPG*1の文脈から、「プロジェクトX」風にパソコンゲームの栄枯盛衰が語られる。*1紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、人間同士の会話とルールブックに従って遊ぶ(Wikipedia)家庭用ゲーム機に移植された「ウルティマ」を悉くスルーしてしまったのをYouTubeの投稿を見ながら深く後悔した。版権問題により現行機では遊べない。MOD文化もPCならではで羨ましい。オンラインで結ばれた電脳空間における交流は、SNSを利用することでイメージを掴めると思う。 続きを読む

  • kubottar

    一部のオタクゲーマーがつくったネットコミュニティが今では誰もがやる世の中になっている。オタクが時代の先端を行くのだろうか? 続きを読む

  • te_R9

    11年前の本なので現在ではまた色々と状況が変わっている気がするけど,創成期からのゲームコミュニティと開発者の話が興味深く描かれている.ファミコンなどの家庭用テレビゲームが主題ではなくてパソコンでのゲームがメイン.ウルティマやDoomなどは自分ではプレイしたことないが開発者の話はやはり熱い. 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品