発売日 2004年12月22日(水)

スターバックス コーヒー
豆と、人と、心と。

著者名:ジョン・シモンズ(著者) 小林愛(訳)

¥1,300(税別)

ISBN:
4-7973-3001-5
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ジョン・シモンズ

訳・小林愛

本書は、すでにコーヒーショップの代名詞的存在になっている「スターバックス」をブランドという側面から分析し成功の要因を探るものです。大企業が通常やるような、大量生産・大量広告による展開ではなく、企業理念に基づく社員教育や奉仕活動など、内側から作り出された「ブランディング」によって成長していく姿を描いています。ブランディングのためのビジネス書としてはもちろん、第三者の視点からスターバックスの歴史を見た読み物としても楽しめるものとなっています。

Twitter

  • うるの

    スターバックスにどうしてこんなにも惹かれてしまうのか。美味しいコーヒーや魅力的な商品があることももちろん。それだけでなく、気持ちの良い接客、くつろげる空間。単に商品のみに注力するんじゃなくて、コーヒーを通して私たちがする「体験」のためにすべてを提供してくれるからなんだなぁと感じました。 続きを読む

  • ゆかたん

    全ては美味しいコーヒーの為に。 会社の設立者は離れていたんだな。 続きを読む

  • chisato

    「コーヒーを取り巻くもののほうが商品よりもっと重要」って文は結構衝撃だった。 「スターバックス成功物語」(ハワード・シュルツ著)と「なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?」(スコット・ベドベリ著)も読みたい。 続きを読む

すべてのレビューを読む