発売日 2007年04月11日(水)

本の元の穴の中(もとのもとのあなのなか) 2巻

著者名:天乃 タカ(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-4144-7
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・天乃 タカ

Twitter

  • どんぶり

    感想を書くのが難しいんだけど好きな作品。本当 心がほっこり優しい気持ちになる(^^)本処(げんしょ)近くでキイチが出会った市矢がいいキャラしてて、二人が仲良くしてるのを見てるだけで和んだ(´∀`)なのに終わりがちょっぴり不安な方向に。モリの他に新たに登場した天守(あまもり)「雨(サメ)」がイケメン。これからこのサメが新たに仲間に加わり、3巻へ続く。キイチの「キ」は「鬼」だと言われてきたが、元太郎さんに喜びの「喜」だと言われ喜ぶキイチが可愛い。そんな中で「樹」だ「鬼」だと言われ、可哀想だし混乱気味な私(笑) 続きを読む

  • まゆこ

    ネタばれしないの難しいなぁ… とにかく世界設定と、設定に置ける「本」とか「記録」の取り扱いが面白い。タイトルの意味も、なんとなくわかった気がした。まだ得体の知れない人は出てくるけれど!わくわくする。 続きを読む

  • bookish

    @少女漫画喫茶 実在の人物の記録は禁忌。面白い世界設定。そして出会った鬼の血を引くといわれている子供の秘密は? 続きを読む

すべてのレビューを読む