発売日 2007年11月19日(月)

その腕に守られて

著者名:シンディ・ジェラード(著者) 森嶋 マリ(訳)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-7973-4504-9
サイズ:
5AA3B78E-096B-4158-89BA-AE92987F042A
ページ数:
560
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・シンディ・ジェラード

訳・森嶋 マリ

Twitter

Unable to load Tweets

  • しんどい男…

    3.0
    takotakotick

    ボディーガードものなんですが…う〜ん。悪い出来ではないのですが、ヒーローが後ろ向きすぎる。タフで容姿も良いけど心に深〜い傷を負っている男なんて、読んでいてしんどいわ。ヒロインが実にオトコマエな性格なんで救われますが。続編のヒーロー(兄弟たち)も後ろ向き系の男みたいなんで、ちょっとパスです。最後はハッピーエンドなんで、じれったい感がお好きな方はどうぞ。

  • 4.0
    nanana

    アメリカで評判の高い「ボディガードシリーズ」の1作目です。ヒーローのレンジャー部隊員時代の傷、ヒロインのお嬢様育ちゆえの葛藤など心理描写は秀逸です。でも、その心理描写がとっても長くて、サスペンスの部分にスピード感がなく、同じところをグルグル回っているようなもどかしさがありました。途中飛ばして、早く結末を読みたかったです。ヒーローがなかなか心を決めないのも男らしくなくて、背中を押したくなる感じです。ヒロインはお嬢様育ちなのに、セクシーで有能で自立心があって好印象でした。RITA賞作家らしく人物描写はいいので、2作目以降は期待しています。

すべての2レビューを表示

  • akiyuki_1717

    読み出してから苦手なミステリー物だと気がついた。ページ数が多いのですが、同じ内容を繰り返していて、だんだん飽きてきます。ヒーローのトラウマも有りがちな上、苦しみが横滑りしてる感じで、残念な印象。最近のこの手のストーリーにつきものの、微妙な虐待と、SMもどきが出てきたところでがっかりしてしまいました。アチャラの人は暴力を否定しながら、興奮材料として暴力を好むのが不思議でなりません。描かれ方としては否定的でも、書き手の意図は肯定的なんだと思う。私は気分が悪くなるので、御免被りたい。家族愛の部分は良かった。 続きを読む

  • たーなー

    続きを読む

  • 葉月

    Cの上 続きを読む

すべてのレビューを読む