発売日 2008年04月28日(月)

写真がもっと好きになる。
菅原一剛の写真ワークショップ。

著者名:菅原 一剛(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-4740-1
サイズ:
3F156D50-23CC-4F22-8E4F-098BF02EC383
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・菅原 一剛

Twitter

Unable to load Tweets

  • kinkin

    いわゆる写真を上手く撮ろうという本ではない。上手くという言葉自体ないほうが当たり前だと思う。見る側が何かを感じ取ってもらう写真を撮るには、まず自分が写真を好きになることが大事。シャッターを押したらこんなの撮れました、面白い! そこからまず始まるのではないか。対象をゆっくり見るという項はなるほど。「ほぼ日刊イトイ新聞」に掲載されたものに加筆、編集されたもの。 続きを読む

  • HERO

    フィルムでもデジタルでも関係なく、カメラに対する愛情が溢れ出ている。技術やカメラの性能などを指南するものでは無いが、カメラを通じた人間性にフォーカスしたカメラ初心者や上級者でも読める一冊。私自身フィルムカメラが好きなのだが、携帯カメラでもバシャバシャ撮るのでそういった意味でこの本とはフィーリングが合うのかもしれない。カメラを持っていない方でもこの本を読めば、カメラを欲しくなってしまうんじゃないかと思えるほど写真に対しての魅力を放っている。 続きを読む

  • 三崎口@ネットつないだら本格復帰します

    初心者の俺がすべて理解できると言ったら嘘になるけど、写真の楽しさ、奥の深さが伝わってくる本。あまりいろいろなことに興味がなかったけど写真の奥の深さを知って、そんな世界がほかにも溢れてることに何とも言えない気持ちになる。世界は奥が深い、生きてるうちに何を知って何を知らないで死ぬんだろう 続きを読む

すべてのレビューを読む