発売日 2009年01月29日(木)

ifとelseの思考術 プログラマ脳育成講座

著者名:矢沢 久雄(著者)

¥2,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-5227-6
サイズ:
78EC8F20-C7E6-46D1-B82C-FFCEDD7298D8
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・矢沢 久雄

Twitter

Unable to load Tweets

  • 入門書

    5.0
    しゅ〜む〜

    プログラムを理解するための、基礎的な理解が養われると思います。

  • 4.0
    so-

    タイトルを期待して、アルゴリズムやifとelseの文法について書かれていると思ったがそうではなかった。どちらかというと、プログラミングを始めるには何をしたら良いのか?どう勉強して行ったら良いのか?について書かれた書籍。プログラミングの未経験者、初心者には良い本ではないかと思う。前半は、プログラミングに必要な知識について書かれている。プログラミングとはコンピュータに計算をさせるものだ。という趣旨から、メモリの使い方や入力装置などについて、簡単に書かれている。中盤では、プログラミングをどう学べば良いのか?という事について書かれている。それから、人に教わる事、教えて貰う方法、また人に教える方法などについて簡単に書かれている。後半では、ソートやサーチなどの本当に基本的なアルゴリズムについて、その考え方や実装するにあたってのポイントなどについて述べてある。日本語で考えて、プログラミングへと移行させる考え方などと言った所でしょうか。最後にはじゃんけんゲームの作り方を基に、プログラミングに対する考え方などについて述べてある。良い意味で、本当に入門者・初心者向けの書籍。色々な情報があり過ぎて、結局、何から勉強したらよいの?どうしたら良いの?という人にはオススメです。著者のプログラミングを愛して欲しい、という気持ちが現れた書籍だと思う。

  • レビュー対象商品: ifとelseの思考術 プログラマ脳育成講座 (単行本)

    萩原 湖太郎

     これからプログラミングを一から始める、あるいは、プログラミング言語の文法は一通りおぼえたけれどプログラムが書けない、というような読者を対象とした「プログラマ脳育成講座」。 学生時代の著者には、プログラミングの疑問に答えてくれる良き先輩がいたという。今度は著者が先輩として読者にアドバイスをおくる、というのが本書の趣旨。著者は、プログラマがどんなことを考えながらプログラムを書いているのか、プログラマの暗黙知を言葉によって表現しようとしている。「あとがき」によれば、もともとは「どうすればプログラムを書けるようになれるのか?」というタイトルを仮定していたそうだ。なるほど、その通りの内容。「ifとelseの思考術」は若干ポイントを外したタイトルかと思う。 ありがちなプログラミング入門とはやや位置づけが異なる。C言語を用いたプログラム例が載っているが、文法や関数の解説にはほとんど重きを置いておらず、むしろ、そういったプログラム例を掲載する意図や、読者がそこから何を学ぶべきかについて、いろいろヒントを与えてくれる。 プログラミング言語の文法をおぼえただけでは、必ずしもプログラムが書けるようにはならない。著者が繰り返し強調するのは、模倣の重要性。(本書以外の書籍も含めて)全てのプログラム例を実際に自分の手で入力し、体験する様々なエラーを1つ1つ克服していくこと。プログラム例を改造したり組み合わせてみて、いろいろ試してみること。また、ハードウェアについての大まかな知識をもつことの重要性も比較的強調されている(そのことから、最初におぼえる言語として著者はC言語を薦めている)。 本書を面白いと思ったのは、「プログラミングの教え方」についてまで示唆するものがある点。「プログラミングの面白さを少しでも多くの人に知ってもらいたい」という著者の「プログラミング愛」が溢れ出るような入門書だと思う。

すべての3レビューを表示

  • yuimoke

    プログラマの思考回路が、これでもか!というほど具体的に書かれている。プログラマはコードを頭の中でどう音読しているかなど非常に興味深い。プログラミングがしたくなる本。今年中に、チャレンジしたいな 続きを読む

  • erida

    初心に帰ろうかと思って買ってみた。例えば、デバッグの仕方とか、技術書の選び方とか、 果てはバグがとれないときはファイルを保存したか確認してくださいとまで書いてある。 まあ、ありがちなミスだけど、ちょっと読んでて恥ずかしかった…… プログラミングをしながら経験則的に覚えること、人から教えてもらったTipsともいえないようなコツなどを整理した本といえる。 そういう本ってあまりないから貴重だと思った。 続きを読む

すべてのレビューを読む