発売日 2010年06月30日(水)

愛、きらめく港で
海が紡ぐ絆シリーズ3

著者名:英 洋子(漫画) ノーラ・ロバーツ(作) フリックス(監修)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5751-6
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
168
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

漫画・英 洋子

作・ノーラ・ロバーツ

監修・フリックス

Twitter

Unable to load Tweets

  • シーサイドトリロジー第三部!

    4.0
    デニス

    ノーラロバーツのシーサイドトリロジー第三部。クイン3兄弟の最後の独身フィリップはニューヨークから来た心理学者シビルと出会い、惹かれあうようになるが、実はシビルは3兄弟が後見している10歳のセスの実のおばで、セスの母親から、子供を取り返したいから協力してほしいといわれていたのだった!?3兄弟の中では、私的には一番気に入っているのがこのフィリップです。自分の中にある悪の過去を都会的なスタイルで隠し、兄弟の苦手な対外交渉を一手に引き受け、ジョークもとばす!かっこいい!作画の英洋子先生もラストでおっしゃっているように、ページ数、足りません。第一部のころと比べると友達もでき、3兄弟との絆も深まったセスの様子に安心しつつ、実の母親との対決をどのように図るのか?第三部で一応の解決をみるのですが、実はセスが主人公の第四部もあります。大人になったセスは3人の兄たちの特徴をすべて備えたナイスガイに描かれていますよ。余談ですが、この舞台のチェサピークベイは、トマスハリスの「ハンニバル」でレクター博士がひそんでいた別荘のある観光地だと思われます。美しいヨットと海、兄弟が育った海辺の白い家、ノーラロバーツの原作もぜひ、お読み下さい。

  • 4.0
    miho

    原作に比べものたりない。まあまあかなという感じ、絵は良かった

すべての2レビューを表示

  • ミカコ

    ヒーロー(三兄弟の三男)→広告会社勤務 ヒロイン→心理学者 このシリーズの重要人物であった三兄弟の弟分の秘密が明らかに。 続きを読む

すべてのレビューを読む