ゲーム関連書/コミック
ライトノベル
神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト

高殿 円 著
きなこひろ イラスト
ISBN
4-7973-3673-0
サイズ
文庫
ページ数
344
価格
600円+税
出版日
2006/07/15
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


シェアードワールド第2弾いよいよ登場!


シェアードワールド展開をしている「ポリフォニカ」シリーズに、高殿円先生描く、「白」のポリフォニカがいよいよ登場。新たなる「ポリフォニカ」ワールドをご堪能下さい!


精霊と人とが住む世界。
主人公のスノウドロップ(スノウ)は、名門グラナード家に仕えるお嬢様付きの「超」堅物メイド。
彼女は、貴族の一人娘プリムローズに拾われ、以来姉妹のように育ってきた。
そんなスノウの口癖は「お嬢様の敵はたたっ斬る」。
お嬢様を守るため、彼女は毎日、剣の素振りをかかしたことはない。
そんなある日、年に一度精霊島への推薦者を決めるための国内コンクールが開催された。
優勝すれば、精霊島にある音楽学院への入学が許可され、神曲楽士への道が開かれる、栄誉あるコンクールだ。
幼い頃より音楽の才能に秀でていたプリムローズは、見事に優勝を果たし、学院への入学が許可される。
しかし、精霊島へは、招かれし者しか行くことが出来ない。一生お嬢様のおそばにいて、彼女を守ろうと思っていたスノウは、自分もなんとかして島へ付いていこうと考えた。
そんな折、スノウの前に一人の精霊が現れる。
彼の名前はブランカ。
伝説のコントラバスの化身であり、妙な力を持つ目つきの悪い精霊は、自分の弾き手こそがスノウであり、彼女も精霊島へ行くべきだと主張する。
もちろん、スノウにとってはた迷惑なことこの上ない。
なぜならいままでメイド稼業一筋のスノウは、音楽などむろん習ったことはないからだ。
「なのに、なぜメイドの私なのだ――!?」
スノウの混乱をよそに、話は進み彼女もめでたく精霊島へ行くこととなったのだが……。
スノウを待ち受ける運命はいかに!?


ライトノベル

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について