ゲーム関連書/コミック
ライトノベル
イグドラジル―界梯樹―Ⅱ
イグドラジル―界梯樹―Ⅱ
GA文庫シリーズ

水月郁見 著
椿 春雨 イラスト
ISBN
978-4-7973-5207-8
サイズ
文庫
ページ数
336
価格
620円+税
出版日
2009/03/15
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


――妹を、頼む
白銀の男ヴェズレーに託された弓削稜だが、真珠は黒衣の騎士ビル・アケムに奪われてしまう!
そして海上では、空母<インディペンデンス>、イージス艦<こんごう>やF14と黒いヒト型――シュエダゴンとの戦闘がはじまっていた……。
一方、幕張地区はミルソーティア徴税軍により制圧されてしまい、真珠が歌っていたイベントホールは、今や<遺物>を採掘するためのクレーターとなっていた……。
『起つ騎士を称えよ』
ミルソーティア徴税軍に囲まれた、絶体絶命の時、稜の蒼い螺旋が航次元守護騎を呼び起こす!
〈螺旋〉の騎士の物語第2弾!
弓削稜にとって、その夏休みは、災厄に遭遇する季であった。
同時に、運命の相手とめぐり合う夏でもあった。
紅いドレスの少女。
闇の空間の奥――スポットライトに照らされ浮き上がった小さなシルエットは、低い歌声で
二万の聴衆を魅きつけたが、その直後に<敵>は襲って来た。
突如会場に現れた、正体不明の「黒衣の騎士」。真珠はその黒衣の騎士に攫われてしまう。
銀髪の男に剣を託された稜は、真珠を救うよう頼まれるのだが……!?
イグドラジルの起動とともに物語も大きく動き始める、待望の第二弾!


ライトノベル

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 
企業情報 個人情報について