SB新書
アドラー 一歩踏み出す勇気
アドラー 一歩踏み出す勇気
SB新書シリーズ

中野 明 著
ISBN
978-4-7973-8043-9
サイズ
新書/1色
ページ数
248
価格
730円+税
出版日
2014/09/17
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


人が持つ劣等感、それは飛躍の原動力である


アドラーブーム到来! 自己啓発の源流「アドラー心理学」がストーリー仕立てで学べる1冊。
7つのステップで「共同体感覚」をもつことで「劣等感」を克服し、人生は変えられる!
自分に悩み、人との関係に悩み、人生に悩んでいる多くの人を勇気づける。


アルフレッド・アドラーは、フロイトやユングとともに臨床心理学の基礎を築き、「アドラー心理学」あるいは「個人心理学」と呼ばれている。
アドラー心理学はこれまで日本ではあまり紹介されてこなかったため、その知名度は低かった。
しかしいま、先行き不透明な時代に生き方のヒントを求め、「アドラー心理学」に再び光が当たっている!

どうしていつも劣等感を抱いてしまうのか?
どうして他人が描いた人生を生きてしまうのか?
どうしてなかなか幸せを実感することができないのか?
どうしていつまでも自分は変われないのか?
このように、どうすれば幸福に生きられるのかは、いつの時代でも誰にでも共通した課題といえよう。

この本では、アドラーの考え方の全体像をおさえながら、その思想をわかりやすく伝えるため、 謎の師匠「カラ爺」と青年が登場するストーリー仕立てにしながら、 実生活、たとえば自分、友人、恋人、夫婦、親子、職場などの悩ましい人間関係を例に、 7つのステップを踏みながらアドラーの全体像を学んでいくというもの。

アドラー心理学のキーワードとも言える「目的論」「劣等感」「ライフスタイル」「人生の3つの課題(対人関係・仕事・愛)」について語った上で、 「共同体感覚」こそがあらゆる課題を克服する鍵であることを強調する。

自分に悩み、人との関係に悩み、人生に悩んでいる多くの人に気軽に読んでもらえる、
ストーリーで学ぶ新書判「アドラー心理学」入門。

■目次:
プロローグ
第1のステップ 自己成長の鍵は共同体との良好な関係にある
第2のステップ 人が持つ劣等感、それは飛躍の原動力である
第3のステップ キミは私的論理の虜になっていないだろうか
第4のステップ 人生の正しい目標とは共同体への貢献である
第5のステップ より多く得る人からより多く与える人になれ
第6のステップ 誠意ある態度とは相手を思いやることである
第7のステップ パートナーには献身で接することがすべてだ
エピローグ
付録 アドラー心理学を理解するためのキーワード集


中野 明(なかの あきら)
1962年滋賀県生まれ。作家。立命館大学文学部哲学科卒。同志社大学非常勤講師。ビジネス、情報通信、歴史の3分野で精力的に執筆活動を展開。著書に『超図解 勇気の心理学 アルフレッド・アドラーが1時間でわかる本』(学研パブリッシング)、『ポケット図解 ピーター・ドラッカーの「自己実現論」がわかる本』(秀和システム)、『今日から即使える!ドラッカーのマネジメント思考』(朝日新聞出版社)、『悩める人の戦略的人生論』(祥伝社新書)など多数ある。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について