SB新書
ついに始まった日本経済「崩壊」
ついに始まった日本経済「崩壊」

浜 矩子 著
ISBN
978-4-7973-9597-6
サイズ
新書/1色
ページ数
192
価格
800円+税
出版日
2018/12/06
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


株高は、日本経済崩壊へのシグナルだった!


経済学者の浜矩子氏が、統計データや経済指標から導き出した、メディアでは報道されていない、日本経済の恐ろしい実態を暴く。日本経済の崩壊を食い止めるために、いま、全日本国民が読むべき、著者渾身の一冊。
株高、失業率の低下などにより、
「アベノミクスは成功している」という空気が世論を支配している。
ただ、一方で、日本の財政赤字が
かつてないほどに膨れ上がっていることから
安倍政権に対して、なんとなく"違和感"を抱いている国民も多い。

経済学者の浜矩子氏によると、
メディアではほとんど伝えられていないが
経済学的な視点から切り込むと
現在"成功"とされている統計データもじつは、危険信号であり、
このままでは、日本経済が恐るべき副作用に襲われ、
日本経済"完全"崩壊というシナリオまで浮かび上がってくるという。

多くの日本人が抱き続けてきた
アベノミクスへの"違和感"の正体がついに明らかになる!
いま、日本人全員が必読の、著者渾身の一冊!


1952年、東京都生まれ。一橋大学経済学部卒。三菱総合研究所初代英国駐在員事務所所長、同社政策・経済研究センター主席研究員などを経て、同志社大学大学院ビジネス研究課教授。エコノミスト。近著に『どアホノミクスの断末魔』(角川新書)、『世界経済の「大激転」 混迷の時代をどう生き抜くか』 (PHPビジネス新書)など。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について