SB新書
世界から核兵器がなくならない本当の理由
世界から核兵器がなくならない本当の理由

池上彰+「池上彰緊急スペシャル!」制作チーム 著
ISBN
978-4-7973-9734-5
サイズ
新書/1色
ページ数
176
価格
800円+税
出版日
2018/07/06
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


核を知ることが、核なき世界への1歩になる


外交カードとしての核。抑止力としての核。ビジネスとしての核。
核兵器をめぐるさまざまな実情や、核兵器誕生の歴史を知ることで、
核なき世界への長い道のりの1歩になる!
2017年11月、北朝鮮は核弾頭装着が可能とされた新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行い、過去最高高度およそ4500キロまで到達。金正恩委員長は「核武力完成の歴史的大業を果たした」と実験が成功に終わったと宣言しました。また、アメリカの北朝鮮研究機関が、もしも北朝鮮が核攻撃を仕掛けてきたら、その死者数は210万人になるという試算結果も出しています。

相次ぐ北朝鮮の核実験やミサイル発射実験。核の脅威となる北朝鮮の現状とは!?
日本にとっても身近な問題となっている"核兵器"問題を、池上さんが基礎知識からわかりやすく解説。
核誕生の歴史から、核兵器が外交カードになってしまったこと、その技術をビジネスにしようとしている国などを明らかにしながら、世界から核兵器がなくならない深い事情を伝えます。

核なき世界は実現するのか?
池上さんが本書に込めた思いとは!?
知られざるさまざまな事実や現在の情報をわかりやすく解説し、私たちに、今、大事なことを投げかけます。

■目次:
序章 広島平和記念公園の「平和の灯(ともしび)」に込められた願い
第1章 迫る北朝鮮の核の脅威、死者210万人の試算も
第2章 核兵器とは何なのか
第3章 核分裂が生み出すエネルギー ドイツで世紀の大発見!
第4章 核兵器が外交のカードになってしまった
第5章 ICBM開発競争とキューバ危機の真相
第6章 「核の抑止力」で平和が保たれてきた!?
第7章 核兵器の技術はビジネスになる
第8章 日本は核兵器とどう向き合ってきたか
終章 核なき世界は実現するのか?


■池上彰
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。
さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。1994年4月から11年間にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。
わかりやすく丁寧な解説に子どもだけでなく大人まで幅広い人気を得る。
2005年3月、NHKの退職を機にフリーランスのジャーナリストとしてテレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活動。
2016年4月から、名城大学教授、東京工業大学特命教授など、7大学で教える。
おもな著書に『伝える力』シリーズ(PHP新書)、『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズ(角川SSC新書)、『池上彰教授の東工大講義』シリーズ(文藝春秋)、『池上彰のニュース そうだったのか?』1~巻、『世界から格差がなくならない本当の理由』、『知らないではすまされない自衛隊の本当の実力』(SBクリエイティブ)など、ベストセラー多数。

■池上彰緊急スペシャル!
普段何気なく見ているニュース。その裏には、驚くほどの様々な背景や思惑が隠れている。そして、私たちが、今の世界にいだく大きな疑問。タブーなき徹底解説で、池上彰が、世界の〝仕組み″を深く、広く、とことんひもとく。

◎フジテレビ系全国ネット
「金曜プレミアム」(金曜よる9時から10時52分)などで、不定期に放送
◎解説:池上 彰
◎進行:高島 彩


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について