サイエンス・アイ新書
[Si新書]戦闘機の航空管制
[Si新書]戦闘機の航空管制
航空戦術の一環として兵力の残存と再戦力化に貢献する
Si新書シリーズ

園山 耕司 著
ISBN
978-4-7973-9820-5
サイズ
新書/フルカラー
ページ数
192
価格
1000円+税
出版日
2018/08/17
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


最善の判断を一瞬でする


戦闘機は最前線における防空の要ですが、これを支えるのが航空管制です。緊急発進ではすみやかに戦闘機を発進させ、帰投時は疲労困憊したパイロットの操縦する戦闘機を安全に着陸させなければなりません。有事の際は、機体が損傷していたり、パイロットが怪我をしていたり、燃料が不足していたりするケースも想定されます。このような緊急事態で航空管制が果たす役割も説明します。また、陸上基地とは異なる航空母艦で、どのように航空管制が行われているのかも解説します。

目次
■第1章 戦闘機と航空管制の関係
■第2章 戦闘機の飛行空域と飛行場
■第3章 戦闘機の航法・通信システム
■第4章 戦闘機の飛行支援
■第5章 IFR(計器飛行方式)による進入と着陸の訓練
■第6章 航空母艦の航空管制
■第7章 緊急機の管制
■第8章 各国の戦闘機の運用
■第9章 最新の戦闘機


1935年生まれ。元航空管制官。航行支援アナリスト。防衛大学校応用物理科卒(5期)。米空軍で航空管制を学んだのち、航空自衛隊で実務と航空行政の双方に携わる。1971年、日本の航空史上最大級の事故であった雫石上空での空中衝突事故の対策立案のため、2年間にわたり欧米4カ国の実情調査に参加。航空自衛隊保安管制気象団防衛部長などを経て1990年退官。2006年、瑞宝小綬章受章。おもな著書は『新しい航空管制の科学』『航空管制の科学』(講談社ブルーバックス)、『よくわかる航空管制』『くらべてわかる航空管制』『座標科学でわかる航空管制』(秀和システム)、『未来の航空』『航空管制官はこんな仕事をしている』(交通新聞社)など。


サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について