SB新書
女の取扱説明書
女の取扱説明書

姫野 友美 著
ISBN
978-4-7973-9824-3
サイズ
新書
ページ数
200
価格
800円+税
出版日
2019/02/06
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


男を困らす女の行動と原因にメスを入れる!


「女って、何考えてるかわからないよな~」。
これって、どの時代になっても、言われていることではありませんか?

「何時間も電話や喫茶店で話し込む」
「SNSにアップする写真が、外食、カフェラテ、花、空ばかり」
「本当にかわいい子には『かわいい~』とほめない。正直、微妙なコには言う」
「何度言っても『愛してるの?』と質問してくる」
どれも、女の不思議"あるある"ですよね。

でも、これらはまだ序の口。
本当に困るのは、例えば次のようなことではないでしょうか?
「話を聞いて欲しいだけなのか、アドバイスを求めて話しているのかわからない」
「意見を求められたから真面目に答えたのに、不機嫌になる」
「家で守らないといけない『謎のルール』をどんどん設ける」
「いくら家事を手伝っても『ちゃんとやっていない』と妻は怒る」

そんな「周囲(特に夫)を困らせる女」をどうするか?
それが本書のテーマです。

「周囲を困らせる女」は、職場、友だちなど、いろんな所に潜んでいます。
ただ、一番関わることが多くて、実際に困らせることが多いのは、妻ではないでしょうか。
本書は「周囲を困らせる女」の取扱説明書ですが、
中でも妻に対する策を中心にしているのが特徴です。

また、単に対策だけではなく、
「なぜ困らせる女はこのような行動に出るのか?」
を大事にしているのも、本書の特徴です。
原因がわかれば、冷静になれるのでストレスがたまることが減りますし、
彼女たちの気持ちに寄り添うこともできますし、
解決策も見えやすくなります。

心療内科であり医学博士でもある、男女の違いを知り尽くした著者が、
医学、心理学、さらには食物学などあらゆるツールから分析しつつ、
原因と解決策を提示します。
さらには、女性が周囲を困らせないためにしたいことも盛り込むなど、
てんこ盛りの内容です!

最後に、
「女は共感を求める生き物、男は問題解決をしたがる生き物」
確かにそうですが、それだけでは単純に片づけられないから、
今も世間の男性諸君は、女への対応に困っているのです。

詳しくは本書に譲りますが、
本書を一読するだけで、
夫婦仲も、恋愛も、職場の女性社員への対応、
さらには、女性が女性にどう接するのかまで、
どうしたらいいのかがイロイロとわかってしまいます!


姫野友美(ひめの・ともみ)
心療内科医/医学博士

静岡県生まれ。東京医科歯科大学卒業。
現在、ひめのともみクリニック院長、日本薬科大学薬学科教授。
日本心身医学会認定医。日本東洋医学会専門医。日本温泉気候物理医学会温泉療法医。麻酔科標榜医。日本心療内科学会登録医。

テレビ、新聞、雑誌で、ストレスによる病気・症候群をはじめ、
医療、心理、栄養など幅広いジャンルで、コメンテーターとして活躍中。
日本テレビ『世界一受けたい授業』、TBS『カラダのキモチ』、テレビ朝日『たけしの健康エンターテインメントみんなの家庭の医学』、テレビ東京『主治医が見つかる診療所』、TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう一直線』など、メディア出演は多数。

主な著書は『女はなぜ突然怒り出すのか?』(KADOKAWA)、『成功する人は缶コーヒーを飲まない』(講談社)、『美しくなりたければ食べなさい』(三笠書房)、『心療内科に行く前に食事を変えなさい』(青春出版社)など。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 
企業情報 個人情報について