SB新書
本当は世界一の国日本に告ぐ大直言
本当は世界一の国日本に告ぐ大直言

ケント・ギルバート 著
ISBN
978-4-7973-9837-3
サイズ
新書/1色
ページ数
240
価格
800円+税
出版日
2019/01/08
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


この国の真実を、すべて明かします。


建前だらけの新聞・テレビ、
偽物の日本国憲法、
建前だけの官僚......

日本在住半世紀。
全てをかけて暴露します。

論客、ケント・ギルバートが、
言ってはいけないこの国の真実をすべて明かす、渾身の集大成!


ケント・ギルバート
米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年生。「慰安婦報道」の嘘やGHQの「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」の存在を知り歴史認識が一変。その後の「ファクト(事実)」にこだわった言論活動が注目を集めている。著書に『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(いずれもPHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、エルドリッヂ氏との共著に『危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告』(産経新聞出版)など多数。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について