2014年3月14日

「ビットコインとはなにか?」の電子書籍が100円(税別)で刊行!

いま話題の「ビットコイン」が、たったの30分で誰でも理解できる!!

連日のようにメディアを通して取り上げられている、「ビットコイン」の基礎知識を30分程度で理解できる解説本です。ビットコインは、実際に利用したことがある人は少なく、その実態がつかみにくく、なかなか理解しづらいものと思います。

本書では、ビットコインに関する素朴な質問をQ&A形式で掲載、多くの人が疑問に持つ、「知りたい」点についてわかりやすく解説します!


※本書は電子書籍のみでの発売です


■電子書籍の購入はこちらから(2/24現在)
Kindle版
・主要電子書店でも順次配信いたします
※希望小売価格は100円(税別)ですが、電子書店によっては販売価格が異なる場合があります


■目次:
はじめに

第1章 ビットコインの「基本」
Q そもそも、ビットコインってなに?
Q 通貨や貨幣とどうちがうの?
Q 電子マネー(Suicaなど)とどう違うの?
Q 楽天ポイントのようなもの?
Q 為替取引のようなもの?

第2章 ビットコインの「使い方」
Q ビットコインは、どうやって始められるの?
Q ビットコインって、なにに使えるの?
Q ビットコインはどこで購入できるの?
Q 「採掘」って、いったいなに?
Q 誰がどのようにビットコインの価値を決めているの?
Q よくニュースの写真で見るコインの現物は、どこで手に入るの?
Q 店頭では買えないの?
Q ビットコインって、いったいどこで使えるの? 日本の中にも、使えるお店はあるの?

第3章 ビットコインの「成り立ち」
Q ビットコインって、誰が考え出したの?
Q いちばん最初のビットコインは、いつ、どうやって生まれたの?
Q なぜ、そんなに広まっていったの?
Q 私の周りには、ビットコインを使っている人なんて見当たらないけど、ホントにそんなに広まっていたの?
Q ビットコインには「発行上限」が決まっているって、ホント?

第4章 ビットコインの「これから」
Q 今回の騒動を簡単に説明すると? なぜ、そんなことが起きたの?
Q ビットコインって、儲けられるの?
Q ビットコインのメリットって何なの?
Q ビットコインの応用分野は?

参考サイト もっともっと知りたい人のために


■著者紹介
大石哲之(おおいしてつゆき)
日本デジタルマネー協会フェロー。
慶応大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、株式会社ジョブウェブの創業、株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役(現職)、株式会社タグボート監査役(現職)を経て、現在に至る。中本サトシ氏のビットコイン論文を読み、その新規性に衝撃を受けビットコインに熱中する。ビジネス書の作家として、わかりにくい事柄をわかりやすく伝えることに注力。主な著書に『3分でわかる ロジカル・シンキングの基本』(日本実業出版社)、『コンサルタントの読書術』(tyk publishing)など、15冊以上。






ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 
企業情報 個人情報について