SB新書
認知症 「不可解な行動」には理由がある
認知症 「不可解な行動」には理由がある
SB新書シリーズ

佐藤眞一 著
ISBN
978-4-7973-6819-2
サイズ
新書/1色
ページ数
272
価格
760円+税
出版日
2012/08/17
電子版を購入
大活字版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


認知症を身近に感じたときに読む本


なぜ認知症の人はあのような行動をとるのか?
――20事例をもとに、認知症の人とその家族が抱える「心」の問題に迫る!

認知症の人の数は、2010年時点で226万人、2015年には262万人に達すると言われている。高齢者社会の日本では、もはや認知症は特別なものではなく、ごく当たり前のものとなっている。誰もが認知症の人になったり、認知症を介護する人になる可能性があるのだ。

「認知症の人は、なぜ、あのような行動をとるのだろうか?」
「介護する人は、どのように行動すればよいのだろうか?」

こうした疑問に答えるために、認知症の人と介護する人の心と行動を、豊富な事例をもとに、心理学・人間行動学の観点から読み解いていく。

■目次:
第1章 認知症の人が抱える不安、家族が抱える不安
第2章 認知症とは、いったい何なのか?
第3章 認知症になると見られることが多い症状
第4章 認知症が進行するにつれて現れることが多い症状
第5章 認知症が重くなると目立ってくることが多い症状
第6章 認知症の原因はアルツハイマーだけではない
第7章 「ケア」と背中合わせにある「コントロール」


佐藤眞一(さとうしんいち)
1956年、東京都生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科臨床死生学・老年行動学研究分野教授、博士(医学)。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程、東京都老人総合研究所研究員、ドイツ連邦共和国マックスプランク人口学研究所上級客員研究員、明治学院大学心理学部教授等を経て、現職。前日本老年行動科学会会長、日本応用老年学会理事、日本認知症ケア学会評議員、日本老年社会科学会評議員等を務める。主な著書に『ご老人は謎だらけ 老年行動学が解き明かす』(光文社新書)など。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について