プログラミング
ゲームメカニクス
ゲームメカニクス
おもしろくするためのゲームデザイン
ゲームデベロッパーシリーズ

アーネスト・アダムス、ヨリス・ドーマンズ 著
ホジソンますみ、田中 幸 訳
バンダイナムコスタジオ 監修
ISBN
978-4-7973-7172-7
サイズ
B5変/フルカラー
ページ数
400
価格
3800円+税
出版日
2013/03/26
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


面白いゲームには、優れた仕組みが必要だ


いかにメカニクスをデザインし、テストし、そしてチューニングするか。国際ゲーム開発者協会IGDAの創始者と気鋭のゲーム研究者が説く、ゲームデザインの新形態! 時代に左右されない、根源的なゲーム作りの原則と実践を伝授する。バンダイナムコスタジオ監修

■目次:

第1章 ゲームメカニクスのデザイン
第2章 創発型と進行型
第3章 複雑系と創発型の構造
第4章 内部経済
第5章 マキネーション
第6章 一般的なメカニズム
第7章 デザインパターン
第8章 ゲームのシミュレーションとバランス取り
第9章 経済の構築
第10章 レベルデザインとメカニクスの統合
第11章 進行型メカニズム
第12章 意味のあるメカニクス
付録A マキネーション クイックリファレンス
付録B デザインパターン ライブラリ
付録C マキネーションを使ってみよう
第1章 ゲームメカニクスのデザイン
第2章 創発型と進行型
第3章 複雑系と創発型の構造
第4章 内部経済
第5章 マキネーション
第6章 一般的なメカニズム
第7章 デザインパターン
第8章 ゲームのシミュレーションとバランス取り
第9章 経済の構築
第10章 レベルデザインとメカニクスの統合
第11章 進行型メカニズム
第12章 意味のあるメカニクス
付録A マキネーション クイックリファレンス
付録B デザインパターン ライブラリ
付録C マキネーションを使ってみよう


アーネスト・W・アダムス(Ernest W. Adams, PhD)
ゲームデザインのコンサルティングと教育を手がける英国在住のアメリカ人である。コンサルタントとして働くかたわら、ゲームデザインのワークショップを開催し、カンファレンスや大学のキャンパスでの講演で人気を博している。1989年以来インタラクティブエンタテイメント産業で活躍し、1994年には国際ゲーム開発者協会IGDAを創設した。最近の職歴としてはブルフロッグ・プロダクションズでリードデザイナーを務め、その数年前は、エレクトロニック・アーツのフットボールゲーム「Madden NFL」シリーズのオーディオ/ビデオのプロデューサーを務めた。初期のキャリアはソフトウェア技術者として、メインフレームのIBM360から現在にいたるまで、さまざまなマシン向けにオンラインゲーム、コンピュータゲーム、コンソールゲームを開発した。著作は、本書の手引書にあたる『Fundamentals of Game Design』をはじめとし、本書で5冊目である。また、ゲーム開発者向けウェブジン『Gamasutra』では「Designer's Notebook(デザイナーのノート)」シリーズのコラムを執筆している。ウェブサイトはwww.designersnotebook.com

ヨリス・ドーマンズ(Joris Dormans, PhD)
2005年以来ゲーム産業と大学教育に携わる講演者にして研究者、ゲームプレイ技術者である。オランダのアムステルダム在住。この4年間は、ゲームメカニクスをデザインするための形式手法やツールの研究を行っている。この他に、形式設計の手法によって手続き的にゲームを生成する方法も研究している。多くの学会や業界のカンファレンスでゲームデザインについての論文を発表し、ワークショップを開催している。また、独立したフリーランスのゲームデザイナーとして、発表されたビデオゲームやボードゲームの開発に携わっている。この中には、ストーリー主導のアドベンチャーゲーム、フィジカルプラットフォームゲーム、政治を風刺したカードゲームがある。グローバルゲームジャムには今日まで全大会に参加している。ウェブサイトはwww.jorisdormans.nl
















企業情報 個人情報について