SB新書
日本のものづくりはMRJでよみがえる!
日本のものづくりはMRJでよみがえる!
SB新書シリーズ

杉山 勝彦 著
ISBN
978-4-7973-8266-2
サイズ
新書/1色
ページ数
240
価格
800円+税
出版日
2015/05/16
電子版を購入
大活字版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


世界基準で戦う道がここにある!


およそ半世紀ぶりの国産旅客機、「MRJ」。国産ジェットといってもすべてがメイドインジャパンではないが、日本が主導権を握って完成機をつくることの意味は大きい。他産業への技術波及も含めてグローバル市場で戦う方法が航空機には凝縮されている!

◆世界基準で勝つための打ち手あり!

◆「ものづくり敗戦」を経験した日本が再生するための、新たなものづくり論!

◆日本のオールスターが集結し、技術の粋がつまった国産旅客機、MRJ(三菱リージョナルジェット)。
いよいよ2015年に初飛行が予定されている。

◆並みいる世界のライバルメーカーたちに対してMRJはどんな優位性をもっているのか?
日本の航空機産業は、果たして新たな成長産業として軌道にのれるのか?
さまざまな疑問に対し、MRJをウォッチし、航空機産業を支えるメーカーの現場を丹念に見てきた著者が解き明かす!

◆今回のMRJについては、炭素繊維などの「材料革命」のほかにも
日本のものづくりが薄利多売から高付加価値型少量生産へと移行する契機を指し示すなど、
世界基準で勝負するためのヒントが数多く詰まっている。

◆国産ジェットといってもすべてがメイドインジャパンではないが、日本が主導権を握って完成機をつくることの意味は大きい。
他産業への技術波及も含めてグローバル市場で戦う方法が航空機には凝縮されている!

◆MRJは小型ジェット機の市場で世界シェアの半分くらいとることを目指しているというが、
新たなグローバル市場をめざす戦いにおいて、日本の各企業は今後どんな戦略をとればいいのか――
世界を土俵に戦う、新たな日本のものづくりを導く1冊!

■目次:
【第1部 世界に飛び立つMRJ】
第1章 悲願の国産ジェット機「MRJ」がいよいよ空を飛ぶ
第2章 MRJはどこがすごいのか
第3章 航空機市場はなぜこれから有望なのか

【第2部 MRJが日本のものづくりを変える】
第4章 高付加価値のものづくりを目指す
第5章 材料革命
第6章 世界に羽ばたく職人技
第7章 グローバルに戦う
第8章 日本のものづくりを変える


杉山勝彦(すぎやま・かつひこ)
東京都生まれ。企業信用調査、市場調査を経験した後、証券アナリストに転身。以降ハイテクアナリストとして外資系、国内系証券会社を経験し、ほぼ製造業全般をカバー。この間、96年に株式会社武蔵情報開発を設立して中小企業支援の道に入り、長野県テクノ財団主宰の金属加工技術研究会などの座長を務める。現在は、産業アナリスト(武蔵情報開発代表)として取材、講演活動に従事。とくに、航空機産業については、大手機体メーカーから零細協力工場までこまめに取材して執筆、講演活動を行う傍ら、航空機部品の製造に参入する中小企業の育成に取り組んでいる。
月刊『航空情報』に「航空企業ルポ(46回)」を連載。著書に『ハイテク神話の崩壊』(講談社)、『よみがえれ! 国産ジェット』(洋泉社)。共著に『ソニー病』(洋泉社)。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について