実用
アボカドがあればごちそうレシピ―「アボカド料理研究家」が見つけた美味しい100の活用法
アボカドがあればごちそうレシピ―「アボカド料理研究家」が見つけた美味しい100の活用法

緑川 鮎香 著
ISBN
978-4-7973-8462-8
サイズ
B5/フルカラー
ページ数
112
価格
1300円+税
出版日
2015/11/14
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


簡単で、おいしくお洒落に仕上がるレシピ満載!
目からうろこ、喜ばれるアボカドメニュー100以上

「世界一栄養価の高い果物」と言われるアボカド。コクや風味があって美味しく、姿形はかわいらしく、ざまざまな食材に合う柔軟性もあります。

けれど、つい「サラダにのせて」「つぶしてディップに」といった定番の食べ方ばかりになってしまうもの。そして、ちょっといいことがあった日の食卓、友人が遊びに来た日の料理に取り入れたいと思っても、「切ってみるまで状態がわからない」「変色させてしまうかも」とつい二の足を踏んでしまうことはありませんか?

そこで、学生時代からアボカドを研究してきた、世界的にも珍しい「アボカド料理研究家」で、「アボカドの熟成度が透視できるようにわかる」という著者が、その見分け方と使い分け方、今までにない食べ方をたくさんご提案します。高級食材なし、バターなし、生クリームなしでも気軽に作れて、リッチな味わいに仕上がるレシピが満載。


緑川 鮎香(みどりかわ あゆか)
アボカド料理研究家、管理栄養士、フードコーディネーター。1984年生まれ、東京農業大学卒業。学生時代にアボカドの機能性について研究する。卒業後は世界各国の食材や調味料を扱う食料品店で、販売スタッフとして約7年間勤務。のちに祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し、カフェレストランにて調理、フードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「Avocados from Mexico」主催のアボカド料理コンテストで、2度の連続優勝を果たす。現在はウェブや雑誌、書籍などでの執筆やレシピ開発を中心に活動中。

















企業情報 個人情報について