SB新書
<坂バカ>式 知識ゼロからのロードバイク入門
<坂バカ>式 知識ゼロからのロードバイク入門
SB新書シリーズ

日向 涼子 著
ISBN
978-4-7973-8474-1
サイズ
新書/1色
ページ数
224
価格
800円+税
出版日
2016/05/07
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


美しすぎる坂バカ!


愛好者が増え続けるロードバイクの世界でいま最も輝いており、
『弱虫ペダル』とともに〝群を抜く知名度〟を誇る、 モデルにしてヒルクライマーの日向涼子さん。

そんじゃそこらの自転車好きのお姉さんではなく、
〝坂バカ〟と呼ばれるほど真剣にヒルクライムにとり組み、
レースでは男性ライダーを凌ぐ結果を残す。

2012年4月「ツール・ド・八ヶ岳」で、 
長い坂道の上りを競うヒルクライムデビューをしていきなり入賞。 
「順位を競わない大会だと勘違いして出場したのがレースだった」と笑うが、 
いきなり入賞してやる気がアップ。 

その後、ヒルクライマーとして全国各地のヒルクライムレースに参戦しては 
男性ライダー顔負けの好タイムを記録。 
ロードバイク愛好者の言葉で"坂バカ"と呼ばれる存在になり、 
おじさんローディーたちのファンが急増した。 

「美人すぎる!! 〝坂バカ〟」として『サンケイスポーツ』の一面を大々的に飾ってしまうほどの人気ぶり。 
その人気から全国各地のサイクリング大会でゲストライダーを務めるほか、 
日本最大のサイクリングイベント「サイクルモード」や「埼玉サイクルエキスポ」などで 
ゲストMCも務めるなど引く手あまたの存在となっている。 

本業はCMや雑誌で活躍するモデル。 
健康のためにヨガを始め、インストラクターの資格までとったが、 
5年前にスポーツサイクルに出会って一気にのめり込んだ。 

「ヨガは自分を内観できるけれど、 
ロードバイクは外に向かって自分を発散できるのが魅力」という。 

最初は街乗り用などに使われるクロスバイクを入手して、 
ひとりで東京~小田原往復160kmを走るなど、どんどん距離を伸ばした。 
やがて自転車専門誌で連載をスタート。 
ユニークなキャラクターとかわいいイラストで人気を集めた。 

ヒルクライマーとしては毎年6月に開かれる 
「Mt.富士ヒルクライム」には思い入れが深い。 
富士山の中腹へ駆け上る距離25km、標高差1270mのビッグレースで、 
男性でも難しい1時間半切りを目標に掲げ、2015年に3度目の挑戦でついに達成! 
「挫折を克服したからこその喜びがあった」と振り返る。 

そんな業界屈指の"坂バカ"ヒルクライマーが、 
自身の経験を下敷きとするエッセー調で、 
“ロードバイクあるある”からトレーニング法まで、 
自身が描くイラストを交えながら綴る。

■目次:
第1章 “銀林レディ”事始め
第2章 脱・中級! <坂バカ>力 向上計画
第3章 自分史上最強になる!< 坂バカ>食
第4章 プロは上りでも80くらいで回すんだって……おすすめサイクリングコース
第5章 体幹で引き、お尻で踏む! どっぷりはまるレース完全攻略法
終 章 目指せ頂点! 愛車軽量化(自分も…)への道


日向 涼子
1976年新潟県生まれ。企業広告を中心に活動するモデル。
2012年、知人に誘われて参加したヒルクライムレース「ツール・ド・八ヶ岳」で
初参加ながら入賞したことを皮切りに登坂に目覚め、
その後もヒルクライムレースを中心に数多くの大会に参加し、優勝(入賞)を果たしている。
現在は多くの大会にゲストライダーとして招かれるほか、
各地のサイクリングイベントでのトークショーも行っている。
自身のブログは自転車カテゴリでアクセス数トップの常連
(現在は日向涼子オフィシャルブログとして移転)。
2015年7月には世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」の
一般参加大会「エタップ・デュ・ツール 」を完走。
「美人すぎる坂バカ」としてサンケイスポーツ紙の1面を飾った。



SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について