SB新書
「暴走する」世界の正体
「暴走する」世界の正体
最強論客が読み解く戦争・暴力・革命
SB新書シリーズ

宮崎 学・佐藤 優 著
ISBN
978-4-7973-8994-4
サイズ
新書/1色
ページ数
192
価格
800円+税
出版日
2017/11/07
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


この崩れゆく時代のうねりを読み解く1冊!


●混迷の国際情勢を読み間違えてはいけない!
トランプ以後の"平和なき時代"にどう生き残るか?
最強論客、宮崎学と佐藤優の大胆な対論が炸裂する!

北朝鮮によるミサイル発射、
相変わらず続く無差別テロ、
反グローバリズムの台頭、
格差と貧困の問題......

日本を取り巻く世界は
混乱の真っ只中にある。
また、トランプ大統領の
これまでの常識とは大きく異なる発言や政策は
世界を震撼させ、予測不能にさせている。

このような「暴走する」時代を
私たちはいかに正しく読み解いていくか?
これまでの常識が全く通じない時代に
私たちがなすべきこと、考えることは何か?

今、起きている日本と世界の問題を
「戦争」「革命」「暴力」をキーワードに
わが国最強の論客2人が鋭く斬り込む!

■目次:
第1章 新帝国主義という自覚のない現代日本
第2章 平和なき世界での革命の可能性
第3章 「思いつき」で世界を破壊するトランプ
第4章 北朝鮮崩壊と戦争の可能性を読み解く
第5章 日本人が皮膚感覚としてわからない沖縄問題


佐藤優(さとう・まさる)
1960年東京都生まれ。作家・元外務省主任分析官。1985年同志社大学大学院神学研究科修士課程修了後、外務省に入省。在英国、ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課にて主任分析官として、対ロシア外交を担う。2002年に背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。2009年最高裁で上告棄却、外務省失職。現在、執筆、講演活動に取り組む。『国家の罠』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞。『自壊する帝国』(新潮社)で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

宮崎学(みやざき・まなぶ)
1945年京都府生まれ。早稲田大学中退。父は伏見のヤクザ、寺村組組長。早大在学中は学生運動に没頭、共産党系ゲバルト部隊隊長として名を馳せる。週刊誌記者を経て家業の建築解体業を継ぐが倒産。半生を綴った『突破者』(南風社、のちに新潮文庫)で衝撃デビューを果たし、以後、旺盛な執筆活動を続ける。佐藤優氏との共著に『「殺しあう」世界の読み方』(アスコム)、『戦争と革命と暴力』(祥伝社)などがある。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について