発売日 2009年04月15日(水)

神曲奏界ポリフォニカ チェイシング・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカシリーズ

著者名:榊 一郎(著者) 神奈月昇(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-4417-2
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・榊 一郎

イラスト・神奈月昇

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • 久々のヤーディオ

    4.0
    マコト

    表題作「チェイシング・クリムゾン」を含む6本を収録した短編集。今巻に収録されているのは第一期アニメシリーズのDVDに初 回特典として付いていた作品です。私はDVD特典版は読んでいないので違いは分かりませんが、あとがきによると文庫化にあたってアニメの設定に合わせていた部分を手直ししてあるようです。「パフォーマンス・クリムゾン」珍しくマンガに読みふけるコーティカルテ。彼女と共通の話題が増えたと喜ぶフォロンだったが、その日のコーティカルテの言動はどこかおかしく…。ツンデレ×ツンデレ=?「チェイシング・クリムゾン」その日ツゲ事務所に舞い込んで来た依頼は夜な夜な現れるという『亡霊列車』の正体を暴くこと。運良く(悪く?)『亡霊列車』に遭遇したフォロン達が見た真実とは。正直、口絵でネタ バレしてます。「リコレクション」フォロンとレンバルトの出会いを描いた短編。レンバルトがフォロンに対し天才と秀才の違いのようなものを感じているのは本編でもたびたび出てきますが、その奥にあるちょっと攻撃的な想いが明らかになります。「リライアブル・ツイン」アニメ第一期2話から引き続き変な精霊が登場しますが、アニメを見ていなくても楽しめました。ツゲ事務所に以前取り逃がしたのぞき精霊から挑戦状が届きます。今度こそと意気込むユギリ姉妹が現場に向かいますが、事件は意外な方向に。「オフデューティ・チーフ」ある日の仕事終わり、いつもと違うユフィンリーの様子に男の影を感じるコーティカルテ。好奇心全開で後を付ける事務所の面々の前でユフィンリーに接触してきたのは冴えない中年男性だった。お約束の展開ですが、ユフィンリーの色っぽい仕草にドキッとします。「キッドナップ・クリムゾン」「お助けくださいまし」と言ってフォロンとコーティカルテの前に現れた謎の少女。しかもその少女は対精霊用の武器を持った連中に追われていて…。陰謀に巻き込まれた二人の活劇が見物です。しばらく学園編だったのでヤーディオを久しぶりに見た気がします。DVDのオマケということで本筋に関わる話はありませんが、フォロン達の日常の一コマが楽しめて良かったです。レンバルトの胸の内も知ることが出来ました。また、あとがきを見るとアニメとの繋がりが深い「リライアブル・ツイン」、「キッドナップ・クリムゾン」を補完する話が次の短編集で書き下ろされるとのことです。挿絵は各話に1ページ。カラー口絵もあります。

  • クリムゾンシリーズ短編集

    5.0
    凡人123

    今回はクリムゾンシリーズオンリーの短編集になります。収録されているのは'@パフォーマンス・クリムゾン(コーティがツンデレにジョブチェンジ)'Aチェイシング・クリムゾン(ボウ○イ列車大暴走)'Bリコレクション(フォロン×レンバルト?)'Cリライアブル・ツイン(ストーカー精霊退治)'Dオフデューティ・チーフ(ユフィンリー所長夜の密会)'Eキッドナップ・クリムゾン(フォロン新たなるフラグ)となります。第一シーズン全6巻の初回限定版特典として付いていた書き下ろし小説6冊を1冊にまとめた超お得な内容となっています。DVDを買わなかった人には待望の、買った人にはここでしか読めないと言ってたのにと激怒もの(私は後者)ですが、まあ挿絵が1話に1ページが新たに掲載されているのでどちらにしても必見です。面白さは保障付きですし、短編でそれほど世界観もあまり重要ではないのでこの巻から初めて読んでも問題ないでしょう。

すべての2つのレビューを表示

  • まるま

    外伝。読んでる途中で?となる場面や、こいつだれだっけ?となる場面がありました。後書きによるとアニメ版の流れを組んでる後日譚らしく、小説だったりする版では繋がらない所、設定が変わっている所がある模様。作者さんはちゃんとわかっておられて、後日譚、次回の短編集では外伝の挿話があるようです。こちらも楽しみ。この本の欠点は次の巻を買うとき、どこまで読んだか分からなくなること… 続きを読む

  • konkon

    6話の短編集。どれも楽しめましたが、コーティのツンデレやユフィンリのお色気捜査が良かったです。、 続きを読む

  • セディ

    短編集??6つくらいの話で構成されている。軽くて楽に楽しんで読める感じ。どこの話からでも読める。レンバルトが意外といいキャラだ(#^.^#) 続きを読む

すべてのレビューを読む