発売日 2008年02月15日(金)

マップス・シェアードワールド -翼あるもの-

著者名:秋津透、笹本祐一、重馬敬、新城カズマ、中里融司、古橋秀之(著者) 長谷川裕一、麻宮騎亜、三浦建太郎、村枝賢一(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-4619-0
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・秋津透、笹本祐一、重馬敬、新城カズマ、中里融司、古橋秀之

イラスト・長谷川裕一、麻宮騎亜、三浦建太郎、村枝賢一

Twitter

Unable to load Tweets

  • よくわかってらっしゃる

    5.0
    YAS

    正直、最近のライトノベルには興味がなかったのですが、表紙につられて購入(知ってる作家は、笹本祐一と秋津透のみ)しました^^;これは、アタリです。原作への最大限のリスペクトを持った、それぞれの作者達が思い思いの世界を利用、構築しつつ、マップスの世界観の上で活きた物語を書いています。それぞれの作者に対して、「よくわかってらっしゃる。」と、賛辞を送りたいと思います。キャラクターだけを二次利用したアンソロジー的なものとは全然違います。

  • 5.0
    震電MK−2

    マップス・シェアードワールドは、久しぶりにドキドキさせてくれる本です。元ネタは長谷川裕一さんの代表作『マップス』で、長谷川さん以外に三名のイラストと、六名の短編小説からなる構成です。どの作品も本編にあってもおかしくない作品ばかりで、マップス連載時に胸躍らせた方や、連載終了後も余熱の冷めやらぬ方にはお奨めの本です。あの興奮をそのままに、再び宇宙(そら)に繰り広げられる冒険譚を楽しまれませんか?

  • マップスの宇宙は広がり続ける・・・

    5.0
    6の空

    個人的に一番好きなのは、笹本祐一の『迷子の宇宙戦艦』です。お得意の電子戦を描きながらも、見事なまでにマップスそのもの!いやぁ、凄いわ。古橋秀之の『町からきた先生』の、ほのぼのとした味わいも良いです。何処かの銀河の片隅では、こんなことも起こっているんだろう・・・そう思わせるだけの広がりがマップスにはありますから。イラストも素晴らしいですし、執筆者それぞれのあとがきも色々と面白い。マップスファンならば、お買い得と言っても良いくらいの一冊です。

すべての5レビューを表示

  • toku@ねごとや

    ガンダム世代やヤマト世代があるように、マップス世代とも言うべき層が、いまの作家さん達の中に出来上がっているのかな?だとしたら、凄いことだ。 続きを読む

  • 北白川にゃんこ

    重鎮たちのマップスノベル!あらゆる方面から攻めてくる!三浦建太郎とか。マジかよ。 続きを読む

  • ひたかん

    たまたま、本雪崩の一番上にあったので。 続きを読む

すべてのレビューを読む