発売日 2008年06月15日(日)

ぷりんせす・そーど!(1) 戦うサツキとプリンセス

著者名:神野 オキナ(著者) 深山 和香(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-4753-1
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
368
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・神野 オキナ

イラスト・深山 和香

Twitter

Unable to load Tweets

  • 安心感と安定感

    4.0
    Amazon Customer

    神野作品のファンですが それを差し引いても とても魅力的なシリーズになりそうな作品です。作者のカラーとも言える 沖縄色は、無いですが コッソリ いちか工房 や ろくごう の名前がチラホラ…ファンなら ニヤリとする場面も 多少強引な話の進め方も許容範囲だと思います。価格相当 世界観 設定 などの説明巻の為星4つ

  • 1.0
    ヨウ

    読んで一言、主人公が異世界に行って話し進めたほうが自然な展開じゃんって感じです、なんだか読めば分かりますが寒い展開です、主人公含めて周囲のキャラが簡単に異世界の住人の受け入れ方や、代理戦争の決闘の話や読んでいて寒い、そんなのお前らの世界で話進めろよって感じです、いきなし主人公の世界にきて無理やり戦いに巻き込みその勝敗で国の戦争の勝ち負けが決まるとか意味が分かりません、そんなの事で普通その世界の住人は納得できるんでしょうか?他にもこんな代理戦争的な話を見たことがありますがどうかと思いますよストーリーとして、また女装・性転換も秘密に話を進めていないのでその点もつまらない展開です、この手の話はもっと秘密にして、バレるバレない展開が面白いのですから。

すべての2レビューを表示

  • ななみん

    文字密度が多い・・・ ファンタジーもの? に分類されるんでしょうか、一部の固有名詞が馴染めない・・・ 1冊よむのにかなり時間がかかったかんじです・・・ あと4冊・・・ 続きを読む

  • しゅう

    ラノベで、いわゆる男の娘ばなしはどうなんだろう。普通の小説よりもイラストは多いが、ほとんどは文章だけだから、説明が無いと想像しづらい。あと、初版だからといって、誤字が多々見受けられるのは減点。 続きを読む

  • nawade

    ★★☆☆☆ 五月君は粗忽者ですね。もう少し相手の話を良く聞いて事前に検証するということを学んだ方が良いと思います。それはさておき、この手の超人バトルものは世間から隠れるように展開されるものだが学友の支援を受けるはいぢられまくるはは新鮮だった。 続きを読む

すべてのレビューを読む