発売日 2008年06月15日(日)

サディスティック・エージェント

著者名:中里 融司(著者) 仏さんじょ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-4917-7
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中里 融司

イラスト・仏さんじょ

Twitter

Unable to load Tweets

  • いろいろでたらめな…

    2.0
    caspar

    異能バトルアクションものと思えばマシな部類と思いますが、何かいろいろと設定がアレでちょっと引いちゃう。因みにサドっ気がテーマな作品ではありません。死んだ少女が何故だか閻魔大王に使命を授けられ現世に復帰、地獄からの使者を助けて悪を成敗。閻魔様って日本だと仏教の神様ですよね。これと共同戦線を張るのが突然ながら殉職婦警の人格と記憶を移植して生まれた超重武装ロボコップ。設定的にはさっぱり未来とも思えないのにこの婦警だけが全く場違いに超科学。仏教全然関係なし。主人公の少女はサドというより性格異常で、普段は暴走して友達や仲間を平気で罵倒しまくってるのに敵に対しては突然同情し、トドメを刺そうとする味方を攻撃し始めたり、何がしたいのやら。まあ、大概はお話を都合よく進めるために作者に異常行動を取らされてる様子ですが。この謎なヒロインや意味不明な婦警を丸ごと飲み込めば、まあそこそこ読めると思います。これより酷い異能バトルものは沢山ありますし。でも読み終えてああ面白かった、と思えるかと言うと、いやちょっと…。

すべての1レビューを表示

  • しゅう

    読了。ロボ婦警さんが真の主役。で、ヒロインの真琴が直情型の性格しているのだが、ただうっとうしさだけが残る残念なキャラでしかない。 続きを読む

  • ひげし

    正直ちょっと微妙だった 続きを読む

  • nanashi

    結局バットは使わなかったなぁ。 続きを読む

すべてのレビューを読む