発売日 2008年08月15日(金)

神曲奏界ポリフォニカRPG 基本ルールブック
神曲奏界ポリフォニカシリーズ

著者名:長田崇/F.E.A.R.(著者) みかきみかこ(イラスト)

¥720(税別)

ISBN:
978-4-7973-5024-1
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
448
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・長田崇/F.E.A.R.

イラスト・みかきみかこ

Twitter

Unable to load Tweets

  • SPRの紹介

    5.0
    hgordo

    この本はアニメなどにもなっているGA文庫から出ている小説を原作とする(特にクリムゾンシリーズを前提にしています)TRPGのルールブックです。精霊の存在するポリフォニカを舞台にPCは精霊か音楽(神曲)を奏でることにより精霊の力を借りる神曲楽士となり、様々なトラブルを解決したりします。システムはSRSを基盤としており、他のSRSである風の聖痕RPG(KSR)などとデータの互換があるとされています。キャラクターのクラスにはSPR特有のものである奏界クラスとして精霊と神曲楽士の2つがあり、他にスタイルクラスがあります。スタイルクラスはキャラクターの立場、才能、設定をあらわすもので、すごく純真、すごく高貴っぽい、すごく運転が得意、などがあります。また、特技などの選択により半精霊や上級精霊になれたりします。さらに名前を決めることが出来ない場合に備えて便利な名前決定表があります。(コレで地獄極楽丸ともおさらばできます)KSR同様加護は無く、絆効果が採用されています。これはキャラクターの持つ特別な知人(コネクション)一つごとに一回ダメージから回復したり、与えるダメージを大きくしたりできるものです。またSPRでは絆効果の一つとして精霊と楽士が契約を結ぶことが出来ます。(一人のキャラクターは最大7つのコネクションをもてるので、絆効果も最大7回行えます)SPR特有のものとしてフォーカスシステムと言うものがあります。コレはある1つの行為の対し何度か判定をして、制限回数内に一定のポイントに達したら成功、そうでなければ失敗、というような事を行なうものです。(乗り物で相手を追いかけたり、暴走する精霊を鎮める、といった状況が例示されています)また、ランダムでのキャラ作成法もあります。この他は原作の世界設定の簡単な解説と特に著名な人物の説明や、GMのコツの解説、シナリオ一つが掲載されてたり、(筆記用具やサイコロ他のプレイヤーを用意すれば)とりあえずこれ一冊あればはじめられるようになっている、というおなじみの感じです。

すべての1レビューを表示

  • ちゃか

    榊一郎さん原作の小説『神曲奏界ポリフォニカ』をTRPG化したもの。F.E.A.Rの制作だし、システムはアルシャードとかに似ている感じ。初期作成で3レベル、クラス選択制、なところとか。ゲームのルールブックなので、これを読めば神曲奏界ポリフォニカの世界が分かる、みたいな作りにはなっていない。まぁ、原作を大切にしているというところだろうと思いますが。嘆きの異邦人とか、始祖精霊とか単語を入れるなら、軽く解説入れていてもよかったのでは、と思わないではない。 続きを読む

  • Stella

    トルバスガイドのために購入 続きを読む

すべてのレビューを読む