発売日 2009年01月15日(木)

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS (2)
神曲奏界ポリフォニカ

著者名:榊 一郎(著者) 神奈月 昇(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-5171-2
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・榊 一郎

イラスト・神奈月 昇

ひょんなことで「ゴブリンスレイヤー」でデビュー。 GA文庫「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン」シリーズも発売中。 ガンガンGAにて「ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》」連載中。上巻がGAノベルより発売中。 GAノベル「天下一蹴 今川氏真無用剣」発売中。 全作品、コミカライズもスクウェア・エニックスにて展開中。 「ゴブリンスレイヤー TRPG」もリプレイと合わせて発売中。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 可もなく不可もなく

    3.0
    ドン

    過去に出したキネティックの再収録なのに読んでて退屈しないのはさすが自称小説屋結構細かく書き直されてます白の過去編に比べるとかなり良心的、ゲームやってても楽しめますただ、挿絵が残念なのは同じゲーム中に仕様されてたのをそのままコピーしただけ全くなかった1巻に比べればマシ程度絵師さんがゲームのほうで忙しかったせいなんだろうけど・・・せめてPS2版のほうで新規追加された絵を載せてほしいところ

  • マコト

    フォロン達の学生時代を描くシリーズ第2弾。いよいよ第二次<嘆きの異邦人>動乱の影が見え隠れしてきます。今回印象深いのはダングイスの嫌な奴っぷりとフォロンの押しの弱さ。相変わらず我が道を行くダングイスに共感する精霊バルゲスが現れますが、こいつも口の悪さではダングイスに並ぶ嫌な奴。フォロンは相変わらず何でも素直に受け取りすぎで、改めてみるといくら何でもお人好しすぎるだろうという感じもします。そこがフォロンの天才たる所以でもあるのですが。そして、夜の学園を見回るユフィの前に現れた謎の黒い精霊。ユギリ姉妹に隠された秘密(本編では明らかになっていますが)。学園の日常に徐々に不穏な空気が混じり出します。書き下ろしの短編「Maid Servant」はダングイスのお話。フォロン達は学校の帰り道でダングイスを捜しているというメイドさんに出会い彼の所まで案内することになります。こんなメイドさんが付いていたならダングイスもあそこまで変な性格にはならなかった様な気がするので後付な感じは否めません。いや、こんなメイドさんが付いていたからあんな性格に拍車がかかったのか…。今回は挿絵とピンナップとしてキネティック版のCGが何枚か載っています。

すべての2レビューを表示

  • konkon

    ユギリ姉妹の過去が明らかに。ダングイス爆発。楽しめました。 続きを読む

  • Cf_Iz

    読了。ユギリ・プリネシカが半妖精になったくだりでスタート。ドーリスラエと全て失うかもしれない決断を迫られる中、よく決断して今のように持ち直したなと思いますよ。メインはダングイス。相変わらずの安定のうざさでなによりです。たぬきもどきに良い様に使われてしまう所ですがこの先コーティ達はちゃんとフォローしてあげるんでしょうか?w 続きを読む

  • セディ

    ダングイス大活躍?!本編のほうは気になるところで終わってしまっています。 アニメのほうを観ていたのでなんとなく展開はわかるのですが。コーティカルテの過去に対し、フォロンがどのように受け止めていくのか気になります。 続きを読む

すべてのレビューを読む