発売日 2012年03月15日(木)

ブラパン!

著者名:笠原 曠野(著者) Nardack(イラスト)

¥610 (税別)

ISBN:
978-4-7973-6839-0
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・笠原 曠野

イラスト・Nardack

Twitter

  • 新ジャンル!? ヤンキー異能力バトル 若干ネタバレ含みます

    5.0

    表紙と口絵に騙されてはいけない。特に口絵の女キャラの入浴シーンからその内容を想像すると、痛い目を見るかもしれない。なぜなら、本作は萌えやエロを前面に出したラブコメでも、熱い友情全開の青春ドラマでもないからだ。その実態は、ヤンキー異能力バトルというにふさわしい。「ハゲ」「ボケ」「コラ」などをガチで言い、口より手が先に出る女主人公に耐えられるなら、満足した顔で最後の項を閉じる事が出来るかもしれない。ちなみに、私はそっちの類いで、楽しめた。類推的に言うなら、少年チャンピオンの漫画のようなイメージ。登場するキャラクターが皆一癖も二癖もあり、人を選ぶ作風だと思う。個人的には、ブッ飛んでいる割に行動原理がしっかりしていて好感触。無論、全キャラではないが。異能力も、隠匿された秘めた力というものではなく、能力紹介雑誌が作中に登場するぐらいにオープンな設定だったのはひねっている。主人公の秘められたチートな力で解決、という異能力ものにありがちな展開に食傷気味だったので、新鮮だった。バトルについては、異能力を駆使しながらも、拳が飛び交う展開。炎などの飛び道具が宙を舞う異能力バトルとは違い、どこか泥臭い。この辺がヤンキー異能力バトルと感じたゆえんだったりする。だから、女主人公も当然ブン殴られる。なので、そういうのが苦手な方は厳しいかも。けれど、最後まで読んで、ふと思ったのは、他キャラクターが異常に濃いためか、とんでもなく口の悪い暴力的な女主人公が一番まともに思えて来たから、不思議な読後感だ。ちょっと変わった能力ものを求めている人にお勧め。個人的には二巻も期待している。

  • 5.0
    フチコマ

    第3回GA文庫大賞奨励賞受賞作。美少女(?)が目を引く表紙で、口絵は女の子の入浴シーンがあったりと、一見よくある萌え系のライトノベルかと思いきや、内容は一口でいうと異能バトルものです。なんというか、とにかく戦いの描写はなかなかこんな小説には巡り会えないというほど濃密に描かれています。すごく臨場感があるというか。女子高生が、ここまでがっつり闘いながら、でも凄惨な感じにならないのは、ほのぼの系ユーモアとのバランス感覚がよいのでしょうね。燃えます。惜しむらくは、しっかりしたバトルが後半に入った場面から少なくなってきます。もっともっと熱いバトルがみたかった。しかし、本作はカバーにも出てる女子高生と男子高生のダブル主人公の形ですすみ、ストーリー展開の妙もなかなか素敵です。冒頭はスロースタートの印象ですが、3章あたりまですすむとみるみる引き込まれていきます。結構なドラマが展開されながらも破綻せず、すごい筆力があると感じました。早くも次回作が楽しみな一冊です。

  • なかなか面白いね

    4.0
    ダーイ

    ダブル主人公の視点で物語が進む。女主人公は絵師さんのイメージ通りですんなり入ってきたけど、男主人公がミスマッチな感じ。方言の設定とあってなかった気がした。能力バトルで割りとテンポ良くスラスラ読めるし、能力の設定もヒネリが効いていて面白い。ただ、せっかくの能力設定だからもっと熱い戦闘を描いてほしかった。絵師さんの絵も含めて買って損はないと思うし、次回に期待を込めて星四つで(^-^)

すべての7レビューを表示

  • 空箱零士

    ★★★★ 確かにコンセプト面で混乱はある。要するに不良もののノリで能力バトルをやりたかったのだろうが、能力バトル的コメディと不良もの的暴力描写がミスマッチを起こしている感は否定出来ない。というかイチイチセンスが古すぎる。正直テニスの蝶野とかマジでバカなんじゃねーかと思った。しかし曲がりなりにも不良もの独特の殺伐とした雰囲気を再現できたことはもっと評価されていいはずだ。不良たちの纏う空気も、警察の腐った・狂った人間模様も不良ものとして実に正しい。特に黒崎の基地外ぶりは『サイコメトラーエイジ』を彷彿とさせる。 続きを読む

  • シュエパイ

    スーパーノダが全てを持っていったような(笑)いやー、さすがは最強の名をほしいままにする子だ。敵は爆散とか、でも中の人(居ない)は平気とか、いいブラフっぷりだw 続きを読む

  • セトロ

    随分と暴力にあふれた世界観で慣れるのに時間がかかった。その中で描かれている場面が転々としつつ収束していく感じは良かった。ただ、すごく個人的に言わせてもらうと、これ男二人のパートはいらんかったんや・・・そういうわけにも行かないけど、女の子三人でワイワイやってれば良かったんや・・・。(深刻な百合成分不足を観測した) 続きを読む