発売日 2012年02月15日(水)

お前のご奉仕はその程度か?3

著者名:森田季節(著者) 尾崎弘宜(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-6894-9
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森田季節

イラスト・尾崎弘宜

Twitter

Unable to load Tweets

  • 一巻丸ごと環さん回。二巻に比べれば話にまとまりが感じられた

    4.0
    ヤボ夫

    祖父の呪いで女性にモテすぎる宿命を背負った少年・良太と彼を従僕「ミニオン」として扱う詩憐の物語第三弾…の、筈なんだけど今回はほぼ丸ごとネガティブ少女・環さんの物語物語は環さんの実家が経営するナイン・イレブンが大規模な食品の万引きの被害にあう場面から始まる突然の経済的苦境によりアルフォンシーナが主催する祭りに着ていく浴衣が買えなくなってしまった環にアルフォンシーナがバイトで巫女をやらないかと持ち掛けるが、そこへ良太も付き合う事になり…一、二巻とやたらとキャラが、それも特濃と言えるぐらい濃いキャラばかりが増えていくので話自体にまとまりがなくどうなる事かと不安になりましたが今回は丸ごと環の物語になっていたので比較的読みやすかった。特にネガティブな性格で不幸の塊みたいな環が想いを寄せる良太とバイトにかこつけてほとんどデートみたいになってるのが微笑ましいかなりラブコメ色の強い話だったけれども、今回出番が少なかったにもかかわらず詩憐が「想い人と友だちのどちらを選ぶのか?」と清水から突き付けられるなど甘い話ばかりでないのが話に緊張感を持たせる上で中々効いていた確かに清水の言う通り「良太は好きだけど、周りから敬遠されていた時期に数少ない友だちであった環にいい顔も見せたい」というのは本気で良太を想ってる(想いすぎてる?)清水にしてみれば人を馬鹿にした態度に思えるんでしょうなともあれ、環の頑張りが報われて最後には良太と二人きりになれる場面もあった事からハッピーエンド…だと思う詩憐がこれからどう動くかは分からないが、こういう形でキャラクターの成長を描くのであれば、ただ甘いだけのハーレムラブコメで終わる事も無いかと。何とか立て直しに成功した第三巻でした

すべての1レビューを表示

  • コリ

    帝国の適当っぷりが相変わらず酷い(笑)誉め言葉だよ?ハイテンションでツッコミ所満載な会話も笑える笑える。今回は環がメインで、他のヒロインはあまり出番はなし。その少なかった出番の中でも、個人的に一番お気に入りはササラかな。良太の事になると王花相手にも譲らなかったり、気に入った巫女が実は女装した良太だと知った時の反応がとても可愛らしかった。彼女メインの話が早く読みたいな。 続きを読む

  • KUWAGATA

    環ちゃんがメインのお話だったので、予想通りちょっと切ない話になってしまいました。薄幸系、弱いんです…。あと、一巻で絵を見た瞬間から、いつかは必ずあると思っていた主人公の女装ネタ、やっぱりありました。まさかその服装で来るとは予想外でしたが。全体的に、一巻二巻のごちゃごちゃ感がおさまり、それなりにまとまったお話のように思いました。お祭りっていう、一大イベントが軸にあったからかもしれませんね。今後も楽しみに読んでいきたいと思います。あと環ちゃん、ちょっと幸せが巡ってきたみたいで、ほんとによかったね! 続きを読む

  • F.key

    環不幸可愛いよ環。清水が意外にまともだということが判明。ただし良太が絡まない時に限る。…ってということは物語の展開上まともになる機会がほぼないわけですね分かります。全体的にバカやってるこの感じのノリは気楽に読めて好きだなぁ。『がでがで』の無駄に細かい設定もよい。 続きを読む

すべてのレビューを読む