発売日 2015年01月31日(土)

デジタルイラストの「背景」描き方事典
Photoshopで描く! シーンを彩る風景・アイテム46

著者名:出雲寺ぜんすけ(著者)

¥2,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-7229-8
サイズ:
B5/フルカラー
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・出雲寺ぜんすけ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 勉強になります

    3.0
    Amazonカスタマー

    全体的に書き方(塗り方)のコツや押さえておくといいポイントが描かれていて、勉強になります。ですが塗り初心者の私からすると、この本も他の多くの塗り方本と同じで、1,2,3,4、・・・・のように説明場所が切り替わった時全てのコマに、現在、どのブラシを使い、レイヤー設定(不透明度など)がどのような状態なのか、完璧には載せていません。(これから出版される塗り方の本は、そういう所を気にしてほしい)しかし他の塗り方本より細かく、丁寧に解説しているので勉強になります。塗り初心者は本当に何もわからないので、その都度、細かすぎるほどに使用ブラシ、レイヤー設定、塗る方向や手順を、細かい写真と共に載せてほしいです。私はクリスタユーザーなので分からない塗り方の部分もありますし、どうにもならない部分もありますが、フォトショップユーザーはブラシ作りなども勉強になると思います。

  • 4.0
    あうんの呼吸

    キャラ絵しか描いたことなくて、背景の塗りの基礎をマスターしたいと思い購入しました。描くコツや、レイヤー設定、色の設定値(RGB値も乗ってます)まで丁寧に書いているので、かなり読みやすい!全ての項目を習作すれば、背景塗りの基礎はマスターできそうだと感じました。参考までにこの本を読みながら最初に描いた青空の絵を載せます。空に関する項目全てを習作してみての感想は、・プロがどうレイヤー効果を使っているか参考になる(スクリーン、覆い焼きカラー、覆い焼きリニア、オーバーレイを 適当に選択していたので、とても参考になりました。)・雲ブラシの作り方がのっている。・いかに物体を理解して描くかの重要性に気づかされた。 これまでは、写真を見ながら、なんとなく描いてましたが、 この本を読んでいると、いかに物体を理解して描くかの 重要性に気づかされました。不満点他の方も書いている通り、全てのブラシ設定の詳細が乗っていないところです。ブラシ作りの経験が大事だというのは前提として著者が使っているブラシをダウンロードできたらなーと感じました。

  • デジタルイラストの「背景」描き方事典 Photoshopで描く! シーンを彩る風景・アイテム46

    5.0

    とても丁寧に分かりやすく書かれていて、大変重宝しています。フォトショップを使って、画像を描く上でちょっとした、まさに「コツ」が書かれていました。有難うございました。

すべての27レビューを表示

  • Doraneko358

    なかなか使える本であった。何度も再読して勉強しよう 続きを読む

  • Kenshi

    グラフィック上のテクニックのほかに考証的な描きかたについて(月面の海にはクレーターは出来ないとか)も描いておりなかなか面白かった。 続きを読む

  • guitayama(義太耶麻)

    トーンジャンプ(8Bitと16Bit)の説明が良かったです。物体の構造のルーツや説明がとてもわかりやすく丁寧。 著者の方はお喋りしたとしても、きっと、すごく解説が上手なのではないかなーと想像しました。 続きを読む

すべてのレビューを読む