発売日 2013年01月15日(火)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-7280-9
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • アニメで良い

    2.0
    橘雪

    アニメが面白かったので原作も読んでみようと思った。ストーリーは分かっているので、どうしても薄っぺらい表現や描写にモチベーションが維持できず、二巻の最初で挫折。気になっている人はまず1巻だけ試してみる方が良いと思う。

  • アニメではわかりにくいタイトルの謎が

    5.0
    購入者

    アニメから原作に戻った読者です。アニメではわかりにくいタイトルの意味が原作で語られて、それをベースに物語が進行していく、主人公の成長が楽しみな本です。その意味で、大賞の受賞理由も想像できますね。

  • ダンジョンに出会い……して

    5.0
    root

    ラノベしてます。 男の子の、異性への憧れや、遠い日の夢や願望と挫折。仲間との絆、努力と成長が丸ごと、ポンポン弾んで楽しくエロく、この1巻に、この世界観で、大森(先生)ワールドの原点が表現されております 。凄く面白いですよ!! 前回、支離滅裂なレビューを酔っぱらって書いておりましたので、訂正いたしました。それでも、これでも、何を書いているのか、レビューとして、全く参考になりませんので m(_ _)m 私って、適当な奴なんです……(#^.^#)…… これ、第1巻ですから、物語の最初の最初で、何故に、ダンジョン、そこで、どんな、出会い、それってベル君(主人公のベル・クラネル)、何を、どうして、どうしたいの、で、どうやるの等、後の巻に続く基中の基で、どうブレたとしても、ここに戻る、お話の根底があるのです。――このお話って、実はこれなのヨーー的な基起が描かれております。あたりまえと言えば当たり前の事。(;^ω^) 過激なアマゾネスもここに帰るか……てな床で、ここが寝屋だから位の、最初の物語の大事な床敷きなのです。 本の中には、魅力的なキャラたち同士の言葉と感情のからみ合いがあり、そのセリフには、爽やかであって甘辛な表現、脳反射的感情の絶叫表現、コロコロと動く心達の声が生き生きと語られ、地の文には、文体の易読さにあっても、さすがの緻密な描写、話しの流れには、山あり、谷有り、次の転回を期待させる前振りもあり、どん底あり。でも、結果ベル君の愛すべき性格の良さが集合したような、力技の物語の転回で、危機一髪をも乗り越える全力盛り上がりで、爆発するクライマックスの勝利。やっぱり落ち着く所に落ち着く、愛すべき結果なのですが、でも、次巻以降への展開をも期待させる終わらせ方。へへ、ネタばれしないでしょ! 読めばわかりますって^^ ――もうみんな読んで、知ってる ”(-“”-)” はい。 すみません。(10/21 一部cut)実は、 (#^^#)ヤスダ先生のイラストも大好きです!! 紙の本でも持っております。いい年してラノベ? 放っておいて下さい。Please leave mealone !  紙の本、こっちは原則、本屋さんで買っております (‘◇’)ゞ 本屋さん応援の為です。しかし、結構、かなりの勇気いりますよ( *'艸`)、ラノベか、昔、エロ本かって言うくらい……Please love me again!紙の本は、かさばるのですが、手に取って、表紙を見ただけで、物語と読書時の感情が丸ごと蘇って来ます。で、あの時……の戻り読み、あ、あ、あれは……でポイント読み! が、自由に、スムーズに出来るから好きなのです。辞書引くみたいに。それと、好きな本を手に取って、見た時の感触って有りますよね。只の文字情報ではない、視覚的、物理的触感がトリガーとなって、ポンと脳を打ち、4次元的にググっと迫って広がって来る豊潤なイメージが…… これ、ラノベ以外の純文やミス、SFでもそうです。そして、あの感動の、あの文章は、確かここら辺だったパッ! サッ! が、出来るのが紙の本です。 電子本でも、慣れれば設定で、もっと簡単に出来るのでしょうが、私には、3手間以上掛かってしまいます。目次を出して、スクロール、スクロール、ん? 戻って、うわ、行き過ぎた! で、頭の中が、グチャぐちゃグチャ……でも、普通に読む為には、紙より安いし、かさばらないし、大量に持ち歩けるので、凄く良いと思います。 思い切り話がずれていますが、タダ本DLしたら、都度Kindle メールが山になって来るんで、返信のつもりで、大森先生の処なら人気作品で、レビュー多いから、まぎれて、目立たないでしょうし載せちゃえくらいの勢いで、前回、酔って書いたのが尻滅列でした((+_+)) 反省してます。まじめにレビューしている皆さん、本当にごめんなさい。 .m(_ _)m  。でも、でも、I have a fancy for novels! I enjoy the Amazon greatly!! ((^ _^;))

すべての136つのレビューを表示

  • 海猫

    主人公像が一昔前の少年漫画風でお話もそれっぽい。これを堂々とやられると一周回って新しく感じるし今時のライトノベル的な要素も入っていてバランスよくちゃんと新鮮さを感じる作品になっている。ただテンポの悪さというか語りのまどろっこしさがワクワク感の持続を削ぐところもあり、上々の開幕編とまではいかないのが少し残念。終盤は熱くなる描写があるし作品の核はたいへん良いと思うので次巻のレベルアップに期待したい。 続きを読む

  • チェシャ猫

    ウィザードリーみたいなダンジョンRPGにハーレム系をプラス?情熱に燃える低レベルの少年が羨望と勇気を胸にダンジョンを突き進むはずが、たちの悪い女神様の目に止まって;;。成長物が好きな人にはお勧めかも。しかし爺さん、年端もいかない少年に冒険とハーレムを教えるなんて、正直なジジイだ。ゼウスかよって感じ。 続きを読む

  • Dー

    漫画版は読んだので内容はわかっていたけど…やっぱり心情が描かれてるので色々とわかりやすかった。ベルくんのステイタスの上昇っぷりからそのうち無双でもしだすのかな…?ヘスティアのキャラも可愛くてよかったです。アイズは…のちに期待。ヒロイン勢がたくさんいるので誰か一人は好みの子ができそう… 続きを読む

すべてのレビューを読む