発売日 2013年07月13日(土)

中野キッドナップ・カンパニー

著者名:森田陽一(著者) しらび(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7344-8
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森田陽一

イラスト・しらび

Twitter

Unable to load Tweets

  • シンヤ

    ちょっと文章は奇を衒った感じで読みにくいかな、括弧の使い方と中二名称あたりが読んでいて躓く。あと『中野』等実際の地名を出しつつもそこら辺の舞台があまり活かしきれていないリアリティが中途半端に感じました。物語は取っ付き難さはあるけれども丸く収まっていたかなという感じです。物語は『道筋』はズレていないが根底である『理論』が歪んでいるかなという読み口です。作品としては手法等が某作家(好き)を髣髴させるところがあるが、総合的にラノベらしさで珍妙な感じに。異色さは感じるが、面白いと言うには手法を活かし切れずかな。 続きを読む

  • シュエパイ

    何でだろう、何処となくジョジョっぽいイメージが・・・?或いは、ブギーなポップ風味?人との間合いを測り続ける少年と、人が目指すべき理想郷に触れ続ける少女のお話でした。2巻は出るらしいので、どんな風景を目指すのか、楽しみです。 続きを読む

  • ゴローさん

    殺伐とした世界観ですが、ゆるい。とにかくゆるい。なんだこの中身の全くない会話…でもそれが独特の雰囲気で逆に癖になります。表紙差分の雫が可愛すぎて辛い。口絵のお風呂シーンがエロい!これよーく見ると湯気がすk(ry 誘拐屋、兼崎、不器の三つ巴の展開がなかなかに熱くて燃えました。斜の【間合い】を使った戦闘方法が他の作品ではあまり見ない様な戦い方だったので楽しめました。雫を真糸が仲良しこよしな話が読みたいです 続きを読む

すべてのレビューを読む